曽我部恵一が下北沢440で4月にワンマンライブを開催

昨年はサニーデイ・サービスとしてのアルバム『Popcorn Ballads』をリリースした、曽我部恵一が久しぶりに下北沢440でワンマンライブを開催する。

このワンマンライブは4/15(日)に開催、曽我部は「『今の自分の歌』というものを歌えたらいいな、と思っています。よろしくお願いします。」とコメントを発表している。

チケットは3/9(金)から440店頭で販売開始となる。

Info

guuzennohana

2018年 4月 15日 (日)
<曽我部恵一ソロライブ "偶然の花">
@東京 下北沢 440 (four forty)

出演 曽我部恵一

時間 open 12:00 / start 12:30 / end 14:00予定

料金 前売 ¥2,800 当日 ¥3,300(1order別)

チケット
・3/9(金)16時~ 440店頭販売開始(毎日16:00~販売)※整理番号付き
・3/16(金)0時~ ROSE メール予約(ticket@rose-records.jp) 開始
※日付・会場・お名前・住所・電話番号・枚数をご明記ください。 返信メールをもって予約完了とさせて頂きます。

info 下北沢 440 (four forty) 03-3422-9440 http://www.club251.co.jp/440/

RELATED

曽我部恵一が劇伴を手がけた映画『止められるか、俺たちを』のサントラがリリース決定

『孤狼の血』の白石和彌が監督を務め、門脇麦と井浦新が主演し、映画監督・若松孝二と若松プロダクションの在りし日々を描いた青春群像劇『止められるか、俺たちを』が、10/13(土)より公開される。

2017 Best Or Worst by 曽我部恵一

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

劇団「ロロ」の人気作『父母姉僕弟君』の再演で曽我部恵一が音楽を、伊賀大介が衣装を担当

2009年の旗揚げ以来漫画・アニメ・小説・音楽・映画などジャンルを越えたカルチャーを紡ぎ合わせた作風で、注目を集めてきた劇団「ロロ」の三浦直之。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。