FKA TwigsがAnderson .Paakの新曲で自在に踊るAppleの世界観を凝縮した『HomePod』のCM | 監督はスパイク・ジョーンズ

FKA Twigsが主演を務めるApple『HomePod』のCMが公開された。

このCMでは通勤ラッシュにのみこまれつつ、意気消沈し帰宅したFKA Twigsが、『HomePod』に好きな曲を流してと頼むと、Anderson .Paakの新曲"Til It’s Over"がプレイされ、徐々に曲に合わせて踊り出すFKA Twigsと共に部屋自体も変化していくというちょっと不思議な内容。

FKA Twigsが動く方向に家具が伸びたり、部屋自体が広がったり、レイアウト自体がどんどんカラフルに変化していく。さらに部屋の中にFrank Oceanのポスターが貼ってあったりと小技が効いている。

スクリーンショット 2018-03-07 15.50.52

またFKA TwigsはiPhoneで行うようなスワイプやズームなどの動きを随所に繰り出しており、このダンス自体にAppleの世界観が詰まっているといえるだろう。そしてもう1人の自分と出会ったFKA Twigsは動画の最後では...

RELATED

Anderson .Paakが「名声を得たことで必要な努力の方向性が変わった」と語る

今月の半ばにリリースしたアルバム『Oxnard』も話題となったAnderson .PaakがBillboardのインタビューに登場。キャリアを積み名声を得たことによって自身に起こった変化について語っている。

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Anderson .PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースへ

Dr. Dreがプロデュースし制作されてきたアルバムが完成したと報告を行ったAnderson .Paak。この作品にはまだどんな楽曲が収録されるかはわかっていないが、ビッグコラボチューンも収録されそうだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。