Alexander Wang 2018SS Mens Collection LOOKBOOKが公開 | 80年代のアメリカ・カルチャーにインスピレーション

Alexander Wangの2018年春夏メンズコレクションのLOOKが公開された。

今季は1980年代にNYで起こったメディアの多様化をコンセプトに、アーバン、ミリタリー、ユーティリティ、スポーツといったアイディアをブレンドさせ、これまでのストリートウェアにフォーカスしたコレクションを展開。

ニュースメディアやテレビでサブカルチャーが取り上げられ始めた時代に、インスピレーションを求めた。コレクション全体に用いられている「Global」のグラフィックは、テレビ局やゴシップニュースのロゴからインスパイアされたモチーフで、さらに今シーズンはウェブメディアPage Sixとのコラボレーションも発表した。

コレクション全体としてはグラフィックやロゴを使用し、加工を施したデニムやオーバーサイズのシルエットなどが特徴。ディコンストラクションやハイブリッドといったアイディアを掘り下げ実験を重ねた結果、レザーのボマージャケットにウォッシュをかけたデニムのスリーブを融合させたり、密度の濃いフリースを重ねたカシミアウールのニットに結実している。

RELATED

adidas Originals by Alexander Wangからワークウェアにフォーカスを当てた新作が登場

adidas Originals by Alexander Wangのシーズン3からワークウェアにフォーカスを当てた新作が、5/19(土)から全世界の限られたセレクトショップ、adidas OriginalsとAlexander Wangの直営店とオンラインで発売される。

音楽、アートなどをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWの2018 LOOKBOOK

音楽、アート、グラフィティといったカルチャーをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWのアパレルラインの最新LOOKが公開された。

adidas Originals by Alexander Wangシーズン3のCoachellaへの旅路で撮られたキャンペーンイメージが公開

adidas Originals by Alexander Wangの3シーズン目のキャンペーンイメージ第1弾が公開となった。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。