Rich Brianが英語やアメリカのユーモアはYouTubeやミームで学んだと語る

先週デビューアルバム『Amen』をリリースし、アメリカのiTunesのヒップホップチャートでアジア人アーティストとして初の1位を獲得したRich Brianがネット番組のFirst We Feastの番組「Hot Ones」に登場し、アメリカのユーモアについて語った。

彼はYouTubeのビデオやミームで英語を勉強したということを明かした。さらに、Brianはこれらから歪んだアメリカのカルチャーを見ていたと話す。

「ミームとかそういうもので、俺はアメリカのユーモアのセンスを学ぶことができたんだ。この国のユーモアはインドネシアのものとは全然違っていて、ちゃんと理解するのには時間がかかったよ。でもネットには現実の世界では異常ともいえるような変なものや問題のあるものがたくさんあるよね。インターネットというレンズを通すと物事は歪んでしまうことがあるってことも学んだよ。」とBrianは語っている。

また、会話の後半でBrianは初めて両親の前でパフォーマンスした時のことやJojiを両親に紹介した時のことについて明かしている。

「両親も姉(妹)もJojiのことをすごく気に入っていたよ。彼らはみんな俺の家に来たんだけど、みんな彼と写真を撮ってたよ。どうやって彼らがJojiを知ったのかはわからないけど、彼らはJojiが大好きだったよ。」

インタビューでは他に、Brianの食べ物の好み、Jadan Smithとのハングアウト、インドネシアでのポルノ、「Sranger Things」への出演願望などについても語っている。番組は下の動画からチェックできる。

(辻本秀太郎)

RELATED

Rich BrianやHigher Brothers、Playboi Carti、BlocBoy JBなどが参加した88risingのアルバムがリリース

今年はサマーフェスティバルやツアーも行う88risingが、皮切りにレーベルのアーティストや豪華ゲストも参加したアルバム『Head In The Clouds』をリリースした。

Rich BrianがSSENSEのインタビューでリアルな有名人になりたいと語る

インドネシア出身のラッパーRich Brian。Rich Chigga名義の時に発表した"Dat $tick"がネット上で大きな話題となり、今では、世界にその名を轟かしているヒップホップレーベル88Risingの一員として日々楽曲制作にいそしんでいる。

Rich Brian、Higher Brothers、Joji、AUGUST 08と88Risingのオールスターが揃い踏みした"Midsummer Madness"のミュージックビデオ

アジア出身のアーティストたちの強力なコミュニティーとして機能している88Risingから、Rich Brian、Higher Brothers、Joji、AUGUST 08とオールスターアーティストが揃い踏みしたサマーチューン"Midsummer Madness"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。