古川麦が約3年半ぶりとなる待望のニューアルバムをリリースへ

表現(Hyogen)、Doppelzimmer、あだち麗三郎クワルテッットのメンバーであり、ceroのサポートメンバーも務めるシンガーソングライターの古川麦が、約3年半ぶりとなるニューアルバム『シースケープ』をリリースする。

高い評価を受けたファースト・アルバム『far/close』に続く、今作ではボサノヴァ、民族音楽、ジャズ、クラシック、ポップスなどのエッセンスが入り混じった他に類を見ないオリジナルなサウンドに加え、盟友、髙城晶平(cero)の作詞による"Halo"など、とくに力を入れたという日本語詞も味わい深いものに。

弦楽四重奏をフィーチャーした華やかなバンド編成による楽曲から、優河をゲスト・ヴォーカルに迎えたしっとりとした弾き語りスタイルの楽曲まで、多彩なアレンジを聴くことができる。作品には本人の卓越したギターに加え、田中佑司(bonobos、サンガツ)や千葉広樹(kinetic、サンガツ等)が参加している。

カバーアートは日本を代表するグラフィック・デザイナーの平野甲賀が担当。アルバムのリリースを記念したライブも6/27に渋谷・WWWで開催される。こちらは詳細は今後発表となる。

Info

 

古川麦/シースケープ
Baku Furukawa: Seascape
品番:PCD-25250
フォーマット:CD
発売日:2018年3月21日(水)
価格:定価:\2,500+税
【収録曲(曲順未定)】
Halo
Seascape
Fruits(仮)
コメット
Love現在地
Coo Coo
Here Lies the Sun
Coming of the Lights
Summersong
●参加ミュージシャン:千葉広樹(B)、田中佑司(Ds)、加藤雄一郎(Sax)、浜田均(Vib)、関口将史(Vc)、牛山玲名(Vn)、田島華乃(Vn)、館泉礼一(Va)、優河(Vo)、権頭真由(Cho)、角銅真実(Cho)、髙城晶平(作詞)、小田朋美(アレンジ)
●エンジニア:原真人(細野晴臣、ザ・なつやすみバンド等)
《リリース記念ライブ》
6月26日(火)東京・渋谷 WWW
※詳細は後日発表

RELATED

古川麦のニューアルバム『シースケープ』のリリース記念ライブが開催決定

シンガー、ギタリストとしてソロで活躍する他、ceroではトランペットとコーラスを担当し、多数のライブ・録音に参加してきた古川麦が、明日ニューアルバム『シースケープ』をリリースする。

cero主催の夏祭りイベント『Traffic』追加出演者&FOOD出店が発表

8/11に開催されるcero主催の夏祭りイベント『Traffic』の、追加出演者が発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。