シカゴ出身の注目ラッパー・ValeeがG.O.O.D. Musicとのレコード契約を明かす

MUSIC  2018.02.02  FNMNL編集部

シカゴ出身の注目ラッパーValeeが同郷のKanye West率いるレーベル、G.O.O.D. Musicとの契約を結んだことを明かした。

Valeeは2017年、ChaseTheMoneyとのコラボアルバム『VTM』のリリースや、シカゴ出身のラッパーZMoneyの “Two 16s”でのフィーチャリング、またChance the RapperとJeremihのChristmasミックステープへの参加などで大きな注目を集めた若手ラッパーだ。

 

Valeeは今日Instagramで下の動画を投稿し、現レーベル代表のPusha Tと共にこのアナウンスをした。

Good afternoon @kingpush

A post shared by Valee' (@valee) on

 

ValeeとG.O.O.D. Musicとの契約の噂が最初に持ち上がったのは昨年末のこと。ValeeはThe Faderのインタビューで「G.O.O.D.との何らかの仕事を進めてる」や「自分のアルバムを彼らに預けようとしている」といった発言をしていた。ここでは詳細についての言及はなかったが、その後G.O.O.D. MusicがValeeの楽曲"Miami"のリイシューをデジタルリリースするなどし、ValeeとG.O.O.D. Musicのレコード契約の噂は囁かれるようになっていた。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE