シカゴ出身の注目ラッパー・ValeeがG.O.O.D. Musicとのレコード契約を明かす

シカゴ出身の注目ラッパーValeeが同郷のKanye West率いるレーベル、G.O.O.D. Musicとの契約を結んだことを明かした。

Valeeは2017年、ChaseTheMoneyとのコラボアルバム『VTM』のリリースや、シカゴ出身のラッパーZMoneyの “Two 16s”でのフィーチャリング、またChance the RapperとJeremihのChristmasミックステープへの参加などで大きな注目を集めた若手ラッパーだ。

 

Valeeは今日Instagramで下の動画を投稿し、現レーベル代表のPusha Tと共にこのアナウンスをした。

Good afternoon @kingpush

A post shared by Valee' (@valee) on

 

ValeeとG.O.O.D. Musicとの契約の噂が最初に持ち上がったのは昨年末のこと。ValeeはThe Faderのインタビューで「G.O.O.D.との何らかの仕事を進めてる」や「自分のアルバムを彼らに預けようとしている」といった発言をしていた。ここでは詳細についての言及はなかったが、その後G.O.O.D. MusicがValeeの楽曲"Miami"のリイシューをデジタルリリースするなどし、ValeeとG.O.O.D. Musicのレコード契約の噂は囁かれるようになっていた。

 

RELATED

新鋭ラッパーValeeが6ix9ineやNicki Minaj、Tyler, The Creatorらが自身のフロウを用いていることについてコメント

シカゴ出身で、G.O.O.D.Musicとの契約も大きな話題となった新鋭ラッパーValeeがMass Appealのインタビューに登場。 6ix9ineやNicki Minaj、Tyler,The Creator、Lil Pumpなどが自身のフロウを使っているといわれていることについてコメントした...

Kanye WestのレーベルG.O.O.D. MusicのSoundCloudページが開設 | レーベルコンピ『Cruel Winter』のリリースへの期待が高まる

Kanye WestのレーベルG.O.O.D. MusicのSoundCloudアカウントが大晦日に開設され、話題になっている。

Kanyeプロデュースの新曲と共にG.O.O.D. Musicの新メンバーだと主張するラッパーをPusha Tが一刀両断

Kanye Westが創立し、Pusha Tが社長をつとめるレーベルG.O.O.D. Musicは、まだレーベルと契約していない多くのラッパーにとって憧れであるのは間違いないだろう。G.O.O.D. MusicにはBig SeanやQ-Tip、Desiignerなど多くの人気ラッパーが所属しているが...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。