Tyler, the Creatorの1時間のインタビュームービーが公開 | 「『Flower Boy』はディズニー映画のサントラのような作品にしたかった」

グラミー賞にノミネートされたTyler, the Creatorのアルバム『Flower Boy』について、コメディアンのジェロッド・カーマイケルが聞き役となった1時間のインタビュームービーが公開。Tylerの別名義であるWolf Haleyが制作したこのムービーで、初めて同作についてTylerが語っている。

Tylerは収録曲の"Cherry Bomb"に関して「わざわざパーソナルな曲にする意図はなかったと語り、「ただ曲を作ろうとした」と明かした。さらに「すべての感情を書きとどめてみよう」と思い制作し始めたという。

2015年末から制作がスタートした同作においてTylerはポップな作品にするつもりで、Max MartinやPharrell、Justin Timberlakeの作品で学んだと話している。

さらに同作についてよく語られるTylerが精神的に落ち込んだ状態になったということについて、Tylerは否定し「人々は自己認識と鬱を勘違いしている」と言う。「『このアルバムは鬱々としている』と言われるけど、『違う、おれは鬱になったなんて一度も言ってない』と返す。おれは孤独だけど、おれのクソな人生の大半を楽しんでる」とTylerは孤独なアルバムであり鬱とは違うと語る。

Frank Oceanをフィーチャーした"Where This Flower Blooms"がアルバムを象徴する1曲だというTylerは、「おれはこのアルバムをディズニー映画のサントラのようにマジカルでパーフェクトなインディー映画のようにしたかったんだ。カバーアートのようにな。でも変わっていったんだ」と話す。

Tylerはさらに"911/Mr. Lonely"を25パターンレコーディングしたしたことなどを語っている。次作をポップアルバムにするという話もあるTylerだが、『Flower Boy』で達成できなかったことを次作で狙っていくのだろうか。

RELATED

Jaden Smithが「Tyler, The Creatorは俺の彼氏だ」と発言

今週末、開催されたTyler,The Creator主催のフェスCamp Flog Gnaw。Kid CudiとKanye Westの2人によるユニットKids See Ghostsの初ライブも大きな話題となった。

Tyler, The Creatorが中学二年生の時に聴いていた曲のプレイリストを公開

SolangeのレーベルSaint Heronによるプレイリストシリーズの最新回にTyler, The Creatorが登場し、2004年のTylerが思春期真っ只中の13歳、日本でいうと中学1年生の時に聴いていた楽曲がテーマのプレイリストを公開している。

Tyler, The Creatorがスタジオでマリファナを吸われると気が散ると語る

Fantastic Manのカバーストーリーに登場したTyler, The Creatorは、自身のセクシュアリティなどについて語っていたが、同じインタビューで彼はA$AP Rockyとの楽曲“Potato Salad”をスタジオで制作していたときのことを振り返っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。