CYKとREMEDYがタッグを組んでオーストラリアのクリエイティブ集団PELVISの来日パーティーを開催

オーストラリアのメルボルンやシドニーで2012年からパーティーとして活動しながら、アパレルラインをヒットさせ、その後レーベルとしても活動を開始したPELVIS。

これまでにDJ HausとMall Grabのユニットによる12インチや、日本からはDJ Nozakiも参加した12インチもリリースしてきた彼らが来日パーティーを開催する。

今回PELVISクルーを招聘したのは2014年にパーティーを開始したREMEDYと、2016年にスタートしたCYKクルー。東京のパーティーシーンの中でスモール・コミュニティーを生成している2つのクルーが、オーストラリアのコミュニティーから世界に向けて発信しているPELVISを迎え撃つ。ゲストアクトとしてPELVISからも作品をリリースしているDJ NOZAKIも出演する。

パーティーは2/2に原宿のbar bonoboで開催される。

Info

26648078_1243335709100848_212494312_n-2

『PELVIS SHOW CASE 2018 presented by CYK&REMEDY』

2018.2.2(Fri)

22:00OPEN

at bar bonobo

Entrance:1500yen w/1drink

-1F-

PELVIS

DJ NOZAKI

CYK (Nari/Kotsu)

REMEDY

-2F-

TBA

RELATED

ハウスミュージックコレクティブCYKによるB2Bパーティーがエントランスフリーで開催

Nari、Kotsu、Naoki Takebayashi、DJ No Guaranteeによる東京を拠点とするハウスミュージックコレクティブCYK。Mall GrabやNachtbraker、Seb Wildblood、Jun Kamodaなど国内外の人気アーティストを招聘してパーティーを行ってきた彼らが、8/24(金)にCIRCUS TOKYOでエントランスフリーのパーティーを開催する。

若きハウス・クルーCYKがアムステルダムのBeesmunt Soundsystemをゲストに招きパーティーを開催

昨年末にCIRCUS TOKYOにMall Grabを招聘し、注目を集めたパーティー・クルーCYKが、2018年最初のパーティーを渋谷のWWWβで開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。