Jazzy Sport Kyotoのオープンを記念してKOJOE 『here』 リリースパーティーがMETROで開催

レーベルやプロダクション、そして音楽フェス『APPI JAZZY SPORT』からショップまでを運営するJazzy Sportが、京都・祇園に誕生した雑居ビルy gion内にJazzy Sport Kyotoをオープン。

船出を記念して京都METROで2/11にJazzy Sportゆかりの豪華アーティストが集結する。

ライブで出演するのは昨年4年半ぶりとなるアルバム『here』をリリースしたばかりのKOJOE、さらに現在BESとのジョイントアルバムを制作中のISSUGI

さらにはジャズ・ピアニスト、作曲家、ビートメイカーとして活動するAaron Choulaiと『here』にも参加していた新進気鋭のラッパーDaichi YamamotoによるタッグやDJではGAGLEのDJ Mitsu the Beatsもパフォーマンスを披露する。『Jazzy Sport Kyoto』も限定物販で出店を行う。

Info

Print

Jazzy Sport Kyoto presents
KOJOE 『here』  Release Tour in Kyoto

日程:2018年2月11日 (日・祝前日)
時間:OPEN/ START 23:00
会場:京都 METRO (075-752-2787)
〒606-8396 京都府京都市左京区川端丸太町下ル 恵美須ビルB1F
(京阪神宮丸太町駅2番出口直結)

LIVE:
KOJOE
ISSUGI

Beat Live:
Aaron Choulai x Daichi Yamamoto
Phennel Koliander
Yotaro

DJ:
DJ Mitsu the Beats (GAGLE)
DJ IIDA (BONG BROS)
CH.0
Magano
DJ Tatzuma

SHOP:
Jazzy Sport Kyoto 限定物販アリ!

前売 2,500円 ドリンク代別途
当日 3,000円 ドリンク代別途

※ 同日開催の[y gion]でのパーティー参加の方は1000円 ディスカウント
※ 前売りチケット & Jazzy Sport Kyoto Teeセットも有り!詳細はコチラ→<http://www.jazzysport.com/>
-------------------------------
<前売りチケット情報>
前売¥2,500 ドリンク代別途

チケットぴあ(Pコード:104-908)
ローソンチケット(Lコード:54853)
e+ ( http://bit.ly/2pqdyL8 )
-------------------------------
★前売りメール予約
→ <ticket@metro.ne.jp>で受け付けています。前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。

 

RELATED

illmoreが1stアルバム『ivy』を本日リリース | Kojoe、BASI、おかもとえみなどが参加

Chilly Sourceに所属するビートメイカーで、大分を拠点に活動しているillmoreが、1stアルバム『ivy』を本日リリースした。

Kojoeの昨年のアルバム『here』からドローンによるモーションコントロール撮影を行った“Day n Nite”のミュージックビデオ

ニューアルバム『2nd Childhood』が話題となっているKojoeが、昨年のアルバム『here』からSNKBUTNOのプロデュースによる“Day n Nite”のミュージックビデオが公開となった。

B.I.G. JOEが現在制作中の6thアルバムから7インチを先行リリース | Kojoeやgrooveman Spot、Aaron Choulaiが参加

旭川に拠点を移し、自身のクラブClub Brooklynを運営しているラッパーのB.I.G. JOEが、現在制作中の6枚目のアルバムから、先行シングルとして7インチ『 Evergreen / Today It's Alright 』をリリースすると発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。