Lad Musicianの2018 S/S Collectionが公開 | テーマは『MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN.』

黒田雄一がデザイナーを務めるLad Musicianの2018 S/S Collectionが公開となった。テーマは『MAYBE A PAINTER OR A MUSICIAN.』。

今季は思想家のロラン・バルトの著書『美術論集』、林道郎による『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』、さらにスウェーデンのテープ音楽家Mattias GustafssonによるAltar Of Flies名義の音源にインスパイアされた。

ネック周りを広げ、抜け衿にしラフにはだけた着崩しスタイルのシャツ、ジャケット、ロングジャケット、ステンカラーコート、キーワードをネームに施しランダムに配置したコーチジャケット、MA-1などを展開。さらに太さと細さが入り交じるワイドテーパードパンツ、ワイドクロップド、腰はストレート、腿はワイド、膝下から裾に掛けて2段の切替えにより微妙なシルエットを表現したワイドパンツなども登場している。

Image_01_LAD0446

Image_02_LAD0491

Image_03_LAD0645

Image_04_LAD0674

Image_05_LAD0738

Image_06_LAD0764

Image_07_LAD0827

Image_07_LAD1062

Image_08_LAD1099

Image_10_LAD1326

Info

LAD MUSICIAN SHINJUKU 160-0022 東京都新宿区新宿3-31-6-1F  Tel.03-6457-7957 http://www.ladmusician.com

RELATED

Lad Musician 2018 AW Collectionのイメージムービー

今季は黒い形而上学をテーマにシーズンを展開しているLad Musicianがイメージムービーを公開した。

Lad Musicianの2018 AW Collection Lookbook | テーマは黒い形而上学

Lad Musicianの2018 AW Collection Lookbookが公開された。今季のテーマは黒い形而上学だ。

音楽、アートなどをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWの2018 LOOKBOOK

音楽、アート、グラフィティといったカルチャーをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWのアパレルラインの最新LOOKが公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。