2017 Best Or Worst by ダイキ

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

人気パーティーErectionを主催するダイキによる2017年のベストとワーストは?

2017 Best by ダイキ

ハライチ岩井 フリートーク集

コメント

ベストな音楽、映画、パーティーetc...は沢山あり過ぎて選び切れないので、ラジオのベストを。3時間くらいあっという間でどのエピソードも面白いのですが、個人的に0:00〜の電車が1番好きです。とにかく聞いてみてください。これがきっかけで、『ハライチのターン』を毎週チェックするようになりました。オープニングのテーマが1)(さらうんど)なのも最高です。

2017 Worst by ダイキ

代官山駅前のローソンと外苑前OFFICEが閉店した事。

来年に向けての告知

主催しているErectionと京都のHOME SICKというパーティーと合同で
12/22(金)に京都 METROでゆるふわギャングのNENEのソロアルバムのリースパーティーを開催します。
是非遊びに来て下さい。
HOMESICK x Erection presents
NENE 『 NENE 』Release party
12/22(金/祝前) at METROOPEN/START : 22:00~
CHARGE :
ADV 3,300yen (1D別)
11/26 (日) 発売開始
■ ローソン Lコード : 54743
■ ぴあ Pコード : 101-623
■ e+ http://eplus.jp/
■メール予約 info@metro.ne.jp

DOOR 3,800yen (1D別)

LINEUP
LIVE:
ゆるふわギャング
KID FRESINO
鶴岡龍

DJ:
okadada
CH.0
shakke-n-wardaa
Tomoh
dj colaboy

 

ダイキ

daiki

Erection 主催

 

脚注   [ + ]

1. (さらうんど

RELATED

ベストサマーチューン 2018 Selected by ダイキ

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by Giorgio Blaise Givvn

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。