Smokepurppがアンチ・ドラッグの姿勢をみせるRussを批判 | 「誰かの死を利用して自分をかっこよくみせるな」

アンダーグラウンドシーンで活躍を続け、その誠実な姿勢でメジャーとの契約を果たしたラッパーのRussが、Lil Peepの死を受けて先週末にアンチ・ドラッグの姿勢を連続ツイートで表明した。

Russはラッパーたちが精神的な問題を抱えているのは、ドラッグ中毒に陥る1つの問題としてあるかもしれないが、しかしドラッグを使用している写真や動画をアップするのは、ドラッグ使用を公に賞賛することであり、それをラッパーとしてのイメージに使用するなど、自身のイメージ戦略のためにドラッグを使用することはやめたほうがいいとラッパーたちに忠告する。本当に精神的に病んでいるなら、その模様を公開するのではなく治療に専念したほうがいいとRussは主張している。これはLil Peepの死因がオーバードーズの可能性が高く、亡くなる数時間前にもドラッグを使用している写真をアップしていたことを受けての主張だろう。

そのRussの主張に対し、自身がドラッグを使用している模様を日常的にアップしているラッパーのSmokePurppが牙をむいた。

SmokePurppはRussのツイートに対し「黙れ、ビッチ」と絡んでいき、さらにこう続けた。

「今後誰かの死を利用して、自分をかっこよくみせるな、めちゃくちゃ面白くない」とPurppは続けRussが、Peepの死を利用して自分のイメージアップをしようとしていることを否定した。

Peepの死を受けて、Lil Uzi Vertはドラッグをやめると宣言しており、それに対しPurppの態度は全くそれとは正反対なものといえそうだ。

RELATED

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

テレンス・マリックがプロデュースするLil Peepのドキュメンタリーが制作中ということが明らかに

昨年11月に急逝したラッパーのLil Peep。死後にリリースされるアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』の制作についてフィーチャーした記事がNY Timesに掲載されている。

Quavoがソロアルバム収録曲で故Lil Peepをディスしたと見られているラインについて弁解

先週初のソロアルバム『QUAVO HUNCHO』をリリースしたQuavo。DrakeやTravus Scott、Kid Cudiなど豪華なゲストを迎えた同作は大きな注目を集めているが、その中に収録された“Big Bro”のあるラインが物議を醸している。 「お前はザナックスをやってると思...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。