Lil YachtyがF**k Joe Buddenのフーディを着た理由を語る

先日、トロントのライブにてLil Yachtyが「F**k Joe Burden」と書かれたフーディを着て登場したことを報じた、その続報としてLil Yachtyが新たなコメントを付け加えた。

Lil Yachtyはインスタグラム上で「これはファンからステージ上に投げられたものでそれを着た」と話し、自ら用意したものではないと説明した。

それを着た理由に関しては「ファンが言いたかったことだから着たんだ。今じゃ誰の投稿にでもコメントできる時代だからね。こういった形でコメントをするなら文字数が少なくて済むしね。」と語った。

果たして彼ら二人のビーフはいつまで続くのだろうか。

#lilyachty explains wearing a "f*ck joe budden" t Shirt on stage. Apparently a fan threw it on stage and he put it on.

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

RELATED

Lil Yachtyが映画『How High 2』に主演することが発表

来月にはニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』をリリースすることが予告されており、まさに絶好調なLil Yachty。そんな彼が、映画でもその才能と存在感を発揮しようとしていることが明らかになった。

Lil Yachtyがニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』を来月リリースへ

今年3月に2ndアルバム『Lil Boat 2』をリリースしたLil Yachtyの新作が早くも10月にリリースされる。

Lil Yachtyが白人の警官に車を盗んだと疑われる

アメリカの警官がしばしば人種を根拠に捜査を行うという話は周知の事実だろう。ヒップホップにはそういった警官をテーマにした楽曲が数多く存在するが、今回Lil Yachtyが警官によって理不尽な目に遭わされてしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。