Jake Oneが語るBirdmanとCash Money Recordsのビジネスに関する不可思議な話

MUSIC  2017.10.29  FNMNL編集部

スポーツジャーナリストやPodcastホストなど様々なジャンルでパーソナリティを務めるBig Wosの新しいPodcast、Wos Speaksの最新エピソードにプロデューサーのJake Oneが登場した。

Drake、50Cent、 De La Soul、MF DOOM、Future、Freewayなどにビートを提供してきたJakeが、Birdmanが創設したCash Money Recordsのビジネスに関する興味深い話を披露した。

インタビューでJakeは、Birdmanのキャリア初期に、彼のためにビートを作っていた時の思い出を語っている。彼は、他の何人かのプロデューサーたちと違って、実際に給料を支払われたのだという。注目すべきは、その支払いの方法だ。Baby(『Birdman』以前の活動名義)はJakeに一枚の手書きの小切手を渡したのだとという。

「プロデューサーたちに手書きの小切手を渡してたってことは、彼がほとんど支払いをしていなかったに違いないってことだよね。驚いたよ。うーん、これは良くないサインだぞって。」

Wowは「Cash Money Recordsはオフィシャルな書類を持っていなかったの?」と信じられない様子。1991年からレーベルが始まり、1998年以降はグローバルなパートナーシップも持っている企業が、支払いのシステムも持っていないことなど驚愕であると。

「"手書き"で書かれていたことを覚えてるんだよ。彼らがどれだけ多くのレコードをリリースし、どれだけを売ってきたかを考えてみてって感じだよね。」Jakeは続けた。

しかしこのようなおかしな状況の話はしつつも、WowもJakeも揃ってBirdmanには賛辞を送っている。

「彼はラップの歴史の中で最高のA&Rかもしれないね。彼が作ってきたレガシーについては異論の余地がないよね。」とJakeは話す。「サウスシーンがめちゃくちゃクールだってノースの人たちに思わせたのはCash Moneyが最初だよね。」とWowもコメントしている。

Wow SpeaksのEP 2: Jake Oneは以下から視聴することができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE