ゆるふわギャングのSophieeがNENE名義でセルフタイトルのソロアルバムを12月にリリース

ゆるふわギャングのSophieeがNENE名義でソロアルバム『NENE』を12/6にリリースする。

「東京の中のオアシス」をテーマに自身の内面を深く掘り下げて制作したこのアルバムは、ゆるふわギャングとしてのアルバム『Mars Ice House』とは違った味に仕上がっている。

プロデューサーにはゆるふわギャングのAutomaticと『Mars Ice House』収録の"Escape To The Paradise"を手がけたEstraの2人を迎えている。客演にはゆるふわギャングのRyugo Ishidaら複数のアーティストがフィーチャーされる。

アルバムのアートワークやトラックリストは随時アップデートされていく予定だ。

Info

artist: NENE
title: NENE
label: Mary Joy Recordings
release date: 2017/12/06

RELATED

ゆるふわギャングが新作『Mars Ice House Ⅱ』をYouTubeで全曲公開 | Beatsとのコラボムービーも

ゆるふわギャングが新作『Mars Ice House Ⅱ』を、自身のYouTubeチャンネル上で公開した。

ゆるふわギャングやMARZY、向井太一、Licaxxxなども登場するRed Bull Music Festival Tokyo 2018のCMが放送中

Red Bullによる都市型音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』の開催に伴い、出演アーティストが登場する新CMが8/27からテレビ、及び渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンなどで順次放送中だ。

WWW & WWW Xのアニバーサリー企画『Emotions』にKID FRESINO、STUTS、ゆるふわギャング、KEIJUなどが出演決定

10/12(金)に東京・渋谷のWWWとWWW Xのアニバーサリー企画として開催されるイベント『Emotions』の出演者第1弾が発表となった。 今回アナウンスされたのはKID FRESINO、STUTS、ゆるふわギャング、KEIJUなどに加え、韓国からJvcki Waiも登場する。 ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。