サウスカロライナのEDMフェスで起きたジョークのような事件

Fyre MediaのCEO・Billy McFarlandとラッパーのJa Ruleによってラグジュアリーな音楽フェスとして企画され、バハマで今年4月末から5月にかけて二週間連続で開催される予定だったFyre Festivalをご存知だろうか。

チケットは4000ドル(約44万円)から25万ドル(約2750万円)という高額な価格帯で、Major LazerやDisclosure、Migosなどが出演を予定していたものの、決して豪華とは言えない間に合わせのようなフードや宿泊施設がネット上で明るみになり、開催前に中止を余儀なくされたフェスで、またこれによってFyre Mediaは約1億ドル(約110億円)の賠償請求を受け、会社も破産したことが話題となった。

この件により、もう誰も同じ失敗は起こさないだろうと思われていたが、またもイベント企画にまつわる件で炎上が起きているという。今回はジョークのような話だ、場所はサウスカロライナ州。

EDM United Eventsと呼ばれるプロモーター会社は、サウスカロライナのチャールストンにてThe GatheringというEDMフェスを企画し、数ヶ月に渡りプロモーションを行っていた。プロモーション用のポスターによると、「4つのテーマごとのステージ」、「20人の素晴らしいDJたち」、「5万ワットのサウンドとあなたの顔を溶かすような素晴らしいライティング、そして驚くようなヴィジュアル」、「酸素バー、フードやビールケイブ」)という言葉が並んでいる。出演者にはLeah CulverやAT LIENSなどがラインナップされており、チケット価格は130ドル(約14000円)であった。

the gathering fake festival

しかしながら、予定されていた10月7日にこのような素晴らしいフェスは行われなかった。

elm-confessions

上の写真が、メインステージである。ベニヤ板で作られたステージに、学園祭のようなPAシステムが取り付けられている。

写真は、EDM ConfessionsがFacebookページにシェアしたもので、コメント欄には出演者であるATLiensの"We Had no idea what we were getting purselves into...(何が起きてるのか全く意味がわからなかった...)"という嘆きのコメントが書き込まれている。

他のステージの写真もアップされているが、こちらも公園にある遊具を改造したような作りで、小さなスピーカーが二つ設置されているだけのものだ。

Gathering 2

EDM United Eventsのオーナー、Andrew Murdockはパフォーマー達に「17年以上こ業界をやってるから」といって声をかけたという。しかし当日、アーティスト達が自分たちでステージを組み立てた後に、Murdockは街から姿を消した。現在、EDM United EventsのFacebookページは削除され、MurdockのTwitterアカウントは10月3日以降ツイートがストップしている。

パフォーマー達の多くは、ギャラの支払いを受けていないと言われており、AT Liensや、DJ B-Nasty(Carlos Alvarez)、Matthew BartlettなどはSNS上で、不満や怒りを表している。

RELATED

スペインで行われたフェスでラッパーが煽ったことが原因で遊歩道が崩落し300人以上が負傷

先日、FNMNLではアメリカで開催されたフェスLollapaloozaでのLil Pumpのライブが危険と判断され、予定より早く打ち切られたというニュースを取り上げた。

史上最悪のフェス『Fyre Festival』のドキュメンタリーがHuluで2019年に放送決定

昨年4月末から5月にかけて2週間連続で、バハマで開催される予定だった『Fyre Festival』をご存知だろうか。

男女差別問題を受けて45の音楽フェスが2022年までに出演アーティストの男女比を平等にすると公言

男性アーティストばかりの音楽フェスの時代がもう終わるかもしれない。45個のフェスが2022年までに出演アーティストの男女比を50:50にすると公約した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。