The Autobiography of Gucci Mane』のPRのために、人気番組『 The Daily Show』に出演しインタビューに答えている。" /> The Autobiography of Gucci Mane』のPRのために、人気番組『 The Daily Show』に出演しインタビューに答えている。" />

Gucci Maneが「ラッパーになってなかったらギャングのボスになっていただろう」と語る

MUSIC  2017.09.21  FNMNL編集部

アトランタのラップシーンの重鎮Gucci Maneが自伝本『The Autobiography of Gucci Mane』のPRのために、人気番組『 The Daily Show』に出演しインタビューに答えている。

Gucciは司会のTrevor Noahに、「もしラッパーになってなかったら何になっていたか」と問われ、「多分おれはギャングのボスになっていた」と思うと答えている。Gucciは続けて「おれはいろんなやり方でリーダーになれる、おれは人をまとめあげるのが上手いんだ」と自信を持って回答している。

さらにGucciとNoahは中学校でマリファナを売りさばき、お小遣いの足しにしていたことや、映画『Spring Breakers』のセックス・シーンで寝てしまったことなどについても話題を展開した。

また刑務所に入るまでは悪循環に陥っていたことや、刑務所の中で考えを改め生活を変えていったことなどを語った。

Gucciのインタビューはこちらで見ることができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE