Gucci Maneが「ラッパーになってなかったらギャングのボスになっていただろう」と語る

アトランタのラップシーンの重鎮Gucci Maneが自伝本『The Autobiography of Gucci Mane』のPRのために、人気番組『 The Daily Show』に出演しインタビューに答えている。

Gucciは司会のTrevor Noahに、「もしラッパーになってなかったら何になっていたか」と問われ、「多分おれはギャングのボスになっていた」と思うと答えている。Gucciは続けて「おれはいろんなやり方でリーダーになれる、おれは人をまとめあげるのが上手いんだ」と自信を持って回答している。

さらにGucciとNoahは中学校でマリファナを売りさばき、お小遣いの足しにしていたことや、映画『Spring Breakers』のセックス・シーンで寝てしまったことなどについても話題を展開した。

また刑務所に入るまでは悪循環に陥っていたことや、刑務所の中で考えを改め生活を変えていったことなどを語った。

Gucciのインタビューはこちらで見ることができる。

RELATED

Gucci Maneがアルバムの制作方法の変化を語る

現在最新アルバム『Evil Genius』を製作中だというGucci Maneが、Lil Pumpとのコラボレーション曲”Kept Back”を公開した。

Gucci Maneが突如、自分は史上最高のラッパーだったと気付く

ここ最近はもっぱらT.I.とのビーフばかりが話題に上るGucci Maneだが、その彼が突然自分が“G.O.A.T.(Greatest of All Time)”であると気づいたことを明かした。

Gucci Maneの伝記映画について、T.I.が「自分が先にオファーを受けた」と主張

「トラップの起源は誰か?」という問題で争いを繰り広げたT.I.とGucci Maneだが、今度はGucci Maneの、現在制作中の伝記映画を巡って問題が発生している。 T.I.はGucci Maneの伝記映画の監督であるBrian Gazerから「自分の方が先にオファーを受けた」のだという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。