Drakeにサンプリングされ話題のGabriel Garzón-Montanoが初の単独来日公演

MUSIC  2017.09.10  FNMNL編集部

フランスとコロンビア移民の両親の元に生まれ、NYのブルックリンで育ったR&BアーティストのGabriel Garzón-Montanoの初めての単独来日公演が、11月に代官山UNITで開催される。

90年代にフィリップ・グラス・アンサンブルのメンバーだったという母親の影響を強く受けたGabrielは、2014年に『Bishouné: Alma del Huila』をリリースすると、レニー・クラヴィッツのヨーロッパ・ツアーのサポートとして抜擢。また、英ウェンブリー・アリーナでの公演翌日には、彼の楽曲"68"がDrakeの『If You're Reading This, It's Too Late』でサンプリングされるという報せを受け、一気に注目のアーティストに躍り出た。

2016年には新作『Jardín』をレコーディングするためヘンリー・ヒルシュと共にスタジオに入る。マルチ・インストゥルメンタリストである彼は、ドラム、ベース、ギター、シンセサイザー全てを自ら演奏しアナログ・テープに録音。更には、パーカッション、プログラミングや、幾重にも重なるボーカルもひとりでこなした。新作についてGabrielは、「人生がいかに美しく、そして人の心がどんなに繊細なものか、というのを皆に感じ取ってもらえるような楽曲作りを目指した」と語っている。

代官山UNITでの来日公演は11/28に開催、現在先行チケットが発売中だ。

Info

GABRIEL_A5_v2-01

Gabriel Garzón-Montano来日公演

<東京> 2017年11月28日(火) 代官山UNIT
開場 18:15 / 開演19:00
スタンディング \6,000 (税込・別途1Drink代) ※未就学児入場不可

【お問い合わせ先】
LIVE NATION JAPAN e-mail: info@livenation.co.jp

MUSIC

FASHION

CULTURE