東京のレコードレーベルFLAUが10周年を迎え代官山 蔦屋書店でPOP UPを開催

MUSIC  2017.08.31  FNMNL編集部

MadeggやCuushe、Noahといった日本人アーティストからSubmerse、Neon Bunnyなど国内外問わず、精力的なリリースを続けてきた東京のレーベルFLAUが、10周年を迎える。

それを記念して9/1から10/8まで過去10年の多岐にわたる作品群を包括的に展示し、その変遷を辿るPOP UPを開催する。

flauは2006年末にausとしても活動するYasuhiko Fukuzonoによって設立された。

国籍やジャンルの枠に留まらないオルタナティブな音楽性と、レコードの概念を拡張するかのような遊び心溢れるリリース形態で国内外で注目を集めている。

flau

本展示ではflauの名前が知れ渡るきっかけとなったアイコンの猫をあしらった本邦初公開となる新作「Flippers」、「Flau Paper」を中心に、過去10年の多岐にわたる作品群を包括的に展示し、その変遷を辿る。

raum#1-01

raum#1-03

Info

FLAU10

FLAU10 RETROSPECTIVE 2007-2017
会場:代官山 蔦屋書店 3号館 2階 音楽フロア
会期:9/1〜10/8

主催:代官山 蔦屋書店
共催・協力:flau

MUSIC

FASHION

CULTURE