SoundCloudが185億円の投資を確保。今後も事業継続へ

MUSIC  2017.08.12  FNMNL編集部

昨日SoundCloudの今後の命運を握る会議が開かれると報じたが、その会議の結果世界最大の音楽プラットフォームの運営は継続されることになったと発表があった。

SoundCloudへのRaine GroupとTemasekからの新たな融資185億円は、株主から承認され、同社は今後も事業を継続可能とレポートで伝えている。

アメリカの投資銀行Raine Groupとシンガポールの投資会社Temasekによる融資が承認されなかった場合は、事業の継続が危ぶまれていた。

創設者でCEOのAlex Ljungは会長職に退き、元VimeoのCEOであるKerry Trainorが、新たにCEOになる予定だ。

SoundCloudは「この投資によりSoundCloudの強く、インディペンデントな未来が保証された」と発表している。

6月の大量リストラ以来のSoundCloudの問題はとりあえず一旦収まったといえそうだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE