CBSの自主制作盤『Classic Brown Sounds』がリリース

MUSIC  2017.07.12  FNMNL編集部

kyon、takaya、stsの3MCによって2005年に結成されたグループCBSが自主制作盤『Classic Brown Sounds』を7/12にリリースした。

3MCによって結成されたCBSは、バックDJとトラックメイカーとしてsuppleが合流。CBSとしての活動と並行してレコーディング・スタジオ「ピスタチオスタジオ」を立ち上げる。その後suppleが帰郷することになり、ryo takahashiが加入。またstsが活動を休止し、bashoがMCとして加入したことで、現在のCBSの形となった。

ピスタチオスタジオには上記のメンバーに加え、ヒップホップ・ユニット:HOOLIGANZのDJであり、OMAKE CLUBからもリリースを展開するTOSHIKI HAYASHI(%C)や、chelmicoの制作や、POP GROUPからもリリース経験もあるSSW/トラックメイカーのESMEも所属している。

CBSとしてはこれまではBandcampでリリースを行ってきたが、7/12に『Classic Brown Sounds』を初めてのフィジカルリリース。本作にはピスタチオスタジオに所属するバンドのChicken Is Niceとのコラボチューン"WAVEY"や"Undercurrent"など、これまでのCBSのカラーを更に濃く、そしてサウンド・バラエティを広くしながら、同時に自然体な部分は変わらない彼らのスタンスが提示されている。

 

Info

プリント

アーティスト: CBS ( シービーエス)
タイトル: Classic Brown Sounds ( クラシック ブラウン サウンズ)
発売日: 2017/7/12( 水)
品番: PIS-001
発売元: Pistachio Studio
1.C.O.C.
2.Navigate
3.House
4.Undercurrent
5.Good Times
6.Route
7.なんで
8.Sputum
9.WAVEY
10.June
11.mgmg remix

MUSIC

FASHION

CULTURE