Wiz Khalifaの"See You Again ft. Charlie Puth"がPSYの"江南スタイル"を超えYoutubeで最も再生されたビデオに

Youtubeのビデオの再生回数は、今の音楽シーンにおける大きな指標の一つであるのは間違い無いだろう。以前は数千万回再生されるビデオは珍しかったが、今は1つの通過点にしか過ぎず、1億再生越えのビデオも多くなってきている。

本日そんなYoutubeで最も再生されたビデオの1位が入れ替わった。

これまで1位だったのは韓国のPSYのメガヒットチューン"江南スタイル"で、2012年に公開されて本日までで28億9453万回再生されている。そして新たに1位となったのが、Wiz Khalifaの"See You Again ft. Charlie Puth"だ。2015年に公開されたこのビデオは今日までで28億9537万回再生されており、公開から2年でPSYを抜き去った。

しかし"See You Again"には強力なライバルがすでに存在する。それは今年の1月にビデオが公開されたばかりのLuis Fonsiの"Despacito ft. Daddy Yankee"だ。このビデオは南米を中心に、すでに24億回以上も再生されている。この勢いでは今年中に、順位の入れ替えがあるかもしれない。

RELATED

Wiz KhalifaがR. Kellyをからかう

昨日、ついにこれまでの沈黙を破り、公のインタビューに登場したR. Kelly。インタビューで彼は、自身にかけられている複数の女性への性的暴行容疑を全て否定したが、それよりも話題になったのはあまりに興奮した彼の姿だった。案の定、このインタビューはネットミームとなり多くの人々がR. Kellyをからかっている。そして、Wiz Khalifaもその内の1人だ。

アンダーグラウンドなラップの歴史を紹介するYouTubeチャンネル「Turismo」

トラップがヒップホップのメインストリームとなって久しいが、アンダーグラウンドなラップシーンも根強い影響力を持ち続けている。例えば90年代にカセットテープのみが流通していたメンフィスラップやインターネット上で同時多発的に発生したPhonkといったジャンルをディグすることは中々に困難だが、それらのシーンを詳しく紹介するYouTubeチャンネルの存在をご存知だろうか?

Wiz Khalifaが「ベテランのラッパーは若手を保護するべき」と語る

ここ最近はやや落ち着いているものの、ヒップホップシーンにおける世代間対立の議論が盛んに交わされる昨今。そのような状況に対して、Wiz Khalifaが持論を述べている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。