Frank OceanがYoung Thugの新作『Beautiful Thugger Girls』に参加する予定だった

先日リリースされたYoung Thugのニューアルバム『Beautiful Thugger Girls』は、ギターのサウンドを取り入れたボーカルが強調されたThugにとっての意欲作となっている。

そんな新作にまさかのゲストアーティストが参加する予定だったことが明かされた。

新作の中でもメロウなサウンドで耳を引く"Me or Us"をプロデュースしていたCharlie Handsomeが、DJ Boothのインタビューに答えたところによると、この曲はもともとKanye Westのために使用される予定だったが、Kanyeが使わないことになり、Thugの元に渡ったと話す。

そしてThugがレコーディングしたあとに、Frank Oceanに曲を送るというアイディアが浮かび送ったが、スケジュールの関係でレコーディングされなかったという。

"Me or Us"にFrank Oceanが参加したら、まさにトラックもドンピシャの夢のコラボになった可能性は大いにあるだろう。

RELATED

「blonded」というInstagramアカウントがFrank Ocean本人の物であるという説が有力に

Frank OceanといえばSNSへの露出が極端に少ないことで有名なアーティストであった。まれに写真や文章のアップロードが行われるTumblrのページのみがFrank Ocean自身のものと確認できる唯一のSNSアカウントであったが、今回「blonded」というInstagramアカウントがFrank Ocean本人のものであるという説が有力になってきている。

Frank Oceanが自身のラジオで中間選挙に投票するよう国民に呼びかけ | 激戦区の投票者にはマーチャンダイズをプレゼント

Frank OceanのBeats 1 での番組“Blonded Radio”が昨日放送された。

Young ThugのエンジニアAlex Tumayがファン達はリークを望むべきではないと語る

先日、最新EP『On The Rvn』をリリースしたYoung Thug。 EPの最後に収録されているElton Johnとの楽曲“High”はリリースの1週間前ほどにリークされてしまったのだが、ヒップホップに限らず、音楽業界においてリークというのは深刻な問題であり続けている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。