テキサスの農場で飼育されていたアルパカが死亡 | 原因は近くで開催されていたフェスのベース音?

MUSIC  2017.06.12  FNMNL編集部

先月テキサスでEDM系のアーティストが多数出演するフェス、 Middlelands Music Festivalが開催されていたが、このフェスのせいで飼育していたアルパカが死亡したと、農場主からクレームが入っている。

middlelands_2017_web_lineup_web_assets_1200x800_r01
Middlelands Music Festivalのラインナップ

Tejas Alpacas農場のオーナー、Lynn Bettsさんはフェスの開催期間中に飼育していた1頭の若いアルパカが死亡したと、地元紙が明かしている。

検死の結果、このアルパカはフェスのアクトが鳴らしていた長時間にわたる、大きなベース音によるストレスが原因で死亡した可能性があるとのことだ。Bettsさんの農場はフェス会場から800メートル離れている。

アルパカの死亡の報道を受けて、フェスの主催グループの一部がクラウドファンディングサイトで、募金をつのり1週間で2000ドルが集まったという。

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE