Kanye Westのアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』は全く違う内容になる予定だった?

Kanye Westは現在ワイオミング州で山ごもりをしてニューアルバムの制作に取り組んでいると言われている。

一体新作がどんな作品になるのか楽しみだが、2010年にリリースされたアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』について新たなエピソードが明かされた。

Kanyeが『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』を制作していた時期に、Def JamでインターンをしていたRory FarrellがPodcast『A Waste of Time』に出演した際、同作について語っている。

Farrellは『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』について元々のタイトルは『Donda's Boy』というタイトルだったと話す。Dondaとは2007年に亡くなったKanyeの最愛の母の名前だ。

そして最終的に13曲を収録してリリースされた『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』だが、当初は10曲入りで全てのトラックが10分以上になる予定だった。また『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』にも収録されている"Runawayは20分以上の曲になる予定だったとFarrerllは明かしている。

さらにKanyeらしい奇特な行動もあったという。KanyeはDef Jamのオフィスに現れた際、誰からも見えないようにしてほしいとリクエストを出していたという。さらにDef Jamの社員の身なりが汚いことに不満を覚えたKanyeは「みんながスーツを着るまで仕事をしない」と宣言し、社員たちに大慌てでスーツを着させたという。このRoryのインタビューは下のプレイヤーで聴くことができる。

Roryの告白に対して、Kanyeと共に仕事をしてきたプロデューサーのMike Deanや元マネージャーのPlain Patは、その信ぴょう性に疑問を投げかけている。

RELATED

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Kanye WestとKim Kardashianが、カリフォルニアを襲った山火事から自宅と近所の人々を守るために消防士を雇う

先週発生したカリフォルニア州の山火事は、44名の犠牲者を出すなど同州で過去最悪の被害を記録した。多くのセレブが在住するマリブ地区も被害に遭ったため自宅を失ったミュージシャンや俳優も存在する中、Kanye WestとKim Kardashian夫妻が自宅と近所の人々を守るために消防士を雇っていたことが明らかになった。

6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye WestのコラボMVの撮影費用に5500万円をつぎ込む

強盗や銃撃事件など様々なトラブルに巻き込まれがちなラッパー6ix9ineが、またもや銃撃を受けた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。