ジャマイカ・ダンスホールシーンの新星Bussweh Party

ジャマイカ・キングストンを拠点に活動中のアーティストThe Grei Show (ザ・グレイ・ショウ)とBlvk H3ro (ブラック・ヒーロー)とその仲間たちからなるユニットBussweh Party (ブスウェ・パーティ)がデビュー作となるミニ・ミックステープ『#BusswehParty』をbandcampで公開した。下記のリンクからストリーム/ダウンロードができる。

by BATCHO

今作でも全曲のトラックメイキングを担当するプロデューサーであり、シンガー/ラッパーのThe Grei Showは機械的かつ清涼感を感じさせるビートに中毒性のあるメロディーを乗せた“Blind Without Shades”や同郷のPageyとのパーティ・アンセム”Up The Levels”を制作。

また最近ではFunkadelic ”Maggot Brain”をサンプリングしたスロウな重低音チューン”Full Moon” など、個性的な音源をリリースしている。また”Blind Without Shades”、”Up The Levels”のミュージックビデオはGrei自身が制作を担当したもので、彼のトラックメイキングに通じるコラージュ感覚が存分に楽しめる。

 

Vybz Kartelの出身地でもあるジャマイカ・ポートモアでプロテスタントの両親の元に生まれたシンガーソングライターのBlvk H3roは、教会、合唱団、タレント・ショー(音楽やダンス、詩などを披露するイベント)やコンサートに多数出演したキングストンでの高校時代、路上、そしてネットを通じて、常に音楽に親しみながら育った。彼は「音楽への愛は料理を作るのと同じくらい生きていくために必須のもの」と語る

ときに甘く柔らかなファルセット、ときに濁った地声やオートチューンを織り交ぜた歌唱で魅せるBlvk H3roはMajor Lazer  ”Get Free”のリミックスを皮切りに、作品集『ReggaeSoul』(2014)と『THC (The Herb Connoisseur)』(2016)を発表、また最近ではシングル曲“Skydive” や“Higher” を公開し、注目を集めている。

*このリミックス曲はSoundcloudでMajor Lazer公式アカウントから投稿され、現在までに50万回以上再生された。

Blvk H3roやThe Grei Showが率先して使用し広めている”bussweh”(ブスウェ)という言葉は、ジャマイカ・クレオール語由来とみられる現地の若者言葉で、筆者によるGreiへの取材によると、「最高」、「イケてる」、「ありがとう」、「恵まれている」(英語でいうところの”blessed”)など、複合的なニュアンスをもつようだ。

その言葉さながら祝祭のムードに満ちた今作『#BusswehParty』では、Major Lazerの楽曲への参加経験をもつ女性ラッパー/ダンサーのMystic Davisや、メロウなトラックの上での柔らかく伸びやかな歌唱を得意とする男性シンガーMelovoice を始めとしたジャマイカの多彩なアーティストが一堂に会し、The Grei Showによる涼しげなビートの上で生き生きとした声を聞かせてくれる。

また今作『#BusswehParty』では、ダンスホールを代表するアーティストの1人Mavadoの楽曲に加え、Bussweh Partyの2人が生きてきた1990-2010年代のアメリカR&B/ラップのヒット曲が複数サンプリングされている。気になる方は当ててみてはいかがだろう。

Bussweh Party (The Grei Show & Blvk H3ro)『#BusswehParty』

Tracklist

1. “Bussweh Party” Feat. Chenelli & Melovice

2. “Fling It My Way” Feat. Kione Zaire

3. “Love Girls” Feat. Enlys & Whinnii Dehshh

4. “Real” ((Feat. Mavado))

5. “A So We Dweet” Feat. Mystic Davis, Silkki Wonda & LatyKim

[All Productions by The Grei Show]

*サンプリング

A$AP Rocky “Peso” (Prod. A$AP Ty Beats) (2011) on “Bussweh Party”

Amerie “Fall In Love” (Prod. Rich Harrison) (2002) on “Fling It My Way”

Mavado Feat. Busy Signal “Real Mckoy With A Full Clip” (Prod. Daseca Productions) (2007) on ”Real”

Montell Jordan “This Is How We Do It” (Prod. Montell Jordan, Oji Pierce) (1995) on “A So We Dweet”

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。