BudaMunk & Fitz Ambroseによる5lackも参加したコラボアルバム『BudaBrose 2』が6月にリリース

ISSUGI&5lackとのSick Teamや、mabanuaとのユニットGreen Butterとしても活動を行いつつ、2015年には活動の集大成となるアルバム『The Corner」をリリースしたBudamunk。

そしてカナダ出身で現在は東京を拠点に活動するビートメーカーで5lackや仙人掌にもビートを提供するFitz Ambroseがタッグを組んだユニットBudaBroseが2作目のアルバム『BudaBrose 2』を6/10にリリースする。

『BudaBrose 2』は2人に共通する90年代のサンプリング・ヒップホップ、80'sのメロウで色気があるムード、そしてスモーキーで躍動感のあるソリッドなビートが全編に散りばめられた内容になっている。

暖かいベースラインが印象的な"ill tone"や、ミニマルな中にも多幸感を詰め込んだ"ice wishes"、2010年代のファンクネスを感じる"the lavish"、さらに盟友5lackが参加した"wavery"で締めくくられる魅惑のビートワールドを堪能してほしい。

5lack ( PSG, Sick Team, 髙田音楽制作事務所 )
「ブダ君とフィッツのコンビなんて俺の好物以外の何物でもない」

mndsgn( Stones Throw ) : 「人生はそんなに物事を複雑にしなくても最高だという事を気付かせてくれるタイプのビート群だ」

mabanua ( origami Productions ) : 「アーバンなのに泥臭い、この独特な音が癖になりすぎて延々リピートしてます。この2人の組み合わせはかなりやばい!
心して聴いてください」

Info

デジパック4P

BudaBrose (BudaMunk & Fitz Ambrose) - BudaBrose 2

Label : King Tone Records / Jazzy Sport,

Cat No : KTRCD-011,

JAN CODE : 4582202051166

File Under : Hip Hop,

Price:2,000 yen (Without TAX)

Track List
01. hitchu / 02. ill tone / 03. fillet / 04. rolli / 05. ice wishes 06. jass fonk / 07. the lavish / 08. bad doe / 09. four barz 10. scully / 11. reppin same thing / 12. we gone / 13. wavetree 14. wavery (ft. 5lack)

RELATED

伊勢丹新宿店で開催される『SOUL CAMP』にBUDAMUNKやDJ MITSU THE BEATSなどが追加発表

2015年からスタートし、海外から豪華ゲストを招聘して開催してきたフェス『SOUL CAMP』は、今年は舞台を伊勢丹新宿店に移し開催される。

ベストサマーチューン 2018 Selected by BudaMunk

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』が今年も帰ってきました。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

5lackが10月に赤坂 BLITZでワンマンライブを開催

新曲"Twiligh Dive"をリリースしたと同時に過去作のストリーミングとダウンロード配信の解禁も話題となった5lack。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。