「5人最後のBIGBANG?」 激しいチケット争奪の起きたFINAL CONCERT、そして彼らの「歌の力」について

きっとこれは様々な個性を持った5人だったからこそ出来たことで、それがしばらく見れなくなると知り、誰もが「5人最後のBIGBANG」を見ようとしたのだと思う。最後のコンサート【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】は日本だけで16公演、約78万1,500人を動員。BIGABANGはこれまで京セラドーム大阪だけで合計100万人以上を動員したという。日本でもそれだけ多くの人に惜しまれていたことが分かると同時にK-POPの垣根を越えて1つのアーティストとして日本でも人気が確立された存在であったことを実感する。

一般的にK-POPブームは去った、去ったと言われている。

本当にそうだろうか。本当にそうだったとしても、ブームが去っても確かに多くの人々の心を掴んでいるからこそ、こうして何万人もの人が「5人最後のBIGBANG」を見に行った。

この事自体がBIGABANGの10年間の軌跡を表しているように思う。

そして、「5人最後のBIGBANG」と言われたコンサートでT.O.Pが話したように、出会いがあれば別れがあり、別れは再会の約束でもあるならば、私たちが見たのは決して「5人最後のBIGBANG」ではなく、しばらく見れなくなる5人の姿に過ぎない。

10年間楽しませてくれた彼らのまた戻って来る時を一人のファンとして待ちたい気持ちだ。その時もまたきっとチケットが取れたか?といろんな人に聞かれるはずだ。

 

BIGBANG - ‘LAST DANCE’

부디 약속할게
お願いだ 約束するから

그리 길지는 않을 테니
そんなに長くはないはずだから

나는 이 노랠 부르며 나는 이 노랠 부르며
僕はこの歌を歌いながら 僕はこの歌を歌いながら

너에게 돌아갈 거야
君のもとへ戻っていくよ

아름다웠던 그댈 다시 볼 수 있다면
美しかった君に もう一度会うことができるなら

너와 이 노랠 들으며
君とこの歌を聞きながら

마지막 춤을 출 거야
最後のダンスを踊るつもりさ

이 순간을 기억해 언제까지라도
この瞬間を忘れない いつまでも

Just one last dance
(歌詞一部抜粋)

 

"「5人最後のBIGBANG」?それがなんだ。エラモルゲッタ!(そんなの知らない!)"
最後のコンサートに行けた人も行けなかった人も、しばらく見れなくなった5人の姿を、残してくれた作品を聴いたり、見ながらその時を待とう。

 

Release Info

BIGBANG

BIGBANG - MADE

T.O.P 入隊前ラストとなる今作は、「FXXK IT」・「LAST DANCE」・「GIRLFRIEND」といった最新楽曲 3 曲、そして「BANG BANG BANG」・「LOSER」・「IF YOU」日本語バージョン 3 曲を含む全 14 曲収録 !!DVD/Blu-ray 付には、全 11本の MUSIC VIDEO・MV メイキングなどの 特典映像に加え、3年連続ヘッドライナーとして出演した 2016年8月27日東京公演の [a-nation stadium fes. 2016] ライブ映像 ( 約 70分 ) を完全収録!未公開写真多数を含む豪華フォトブック付きスペシャルボックス仕様の初回生産限定 DELUXE EDITION には、上記コンテンツは もちろん全 4 都市 27 公演で 28 万人を動員した [BIGBANG FANCLUB EVENT ~ FANTASTIC BABYS 2016 ~ ]( 約 164 分 ) も コンパイルし、トータル約 5 時間の映像コンテンツが堪能できる超豪華内容!

CD 収録内容 < 全形態共通 > 01. LOSER 02. BANG BANG BANG 03. IF YOU 04. FXXK IT -KR Ver.- 05. LAST DANCE -KR Ver.- 06. GIRLFRIEND -KR Ver.- 07. LET'S NOT FALL IN LOVE -KR Ver.- 08. LOSER -KR Ver.- 09. BAE BAE -KR Ver.- 10. BANG BANG BANG -KR Ver.- 11. SOBER -KR Ver.- 12. IF YOU -KR Ver.- 13. ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P 14. WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-

DVD 収録内容 [MUSIC VIDEO] LOSER BANG BANG BANG FXXK IT -KR Ver.- LAST DANCE -KR Ver.- LET'S NOT FALL IN LOVE -KR Ver.- LOSER -KR Ver.- [BONUS FEATURES] FXXK IT -KR Ver.-_BEHIND THE SCENES LAST DANCE -KR Ver.-_BEHIND THE SCENES <-DELUXE EDITION- のみ収録 > [a-nation stadium fes. 2016] BANG BANG BANG TONIGHT HANDS UP BAE BAE -KR Ver.- BANG BANG BANG -KR Ver.- SOBER -KR Ver.- ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.- -MC- IF YOU BAD BOY -MC- FEELING FANTASTIC BABY SOBER -KR Ver.- -MC- MY HEAVEN WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.- 声をきかせて BAE BAE -KR Ver.-

<-DELUXE EDITION- のみ収録 >

BIGBANG FANCLUB EVENT ~FANTASTIC BABYS 2016~] ・GAME ・LIVE LOSER BANG BANG BANG -MC- IF YOU HaruHaru -Japanese Version- BAD BOY WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.- -MC- 声をきかせて FANTASTIC BABY

 

LIVD DVD & Blu-ray
BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-
2017.03.22 On Sale

2016年デビュー10周年を迎えたBIGBANGの海外アーティスト史上初となる4年連続ドームツアー
【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】のLIVE DVD & Blu-ray。
2016年11月~12月にかけ全4都市16公演で78万1,500人を動員。
T.O.Pの入隊前BIGBANGフルメンバーでの最後のジャパンツアーとなった
【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】より、
熱狂と感動のツアーファイナル@京セラドーム大阪公演(2016.12.29)を完全収録

初回生産限定となる豪華フォトブック付きSPECIAL BOX仕様のDELUXE EDITIONには、
上記コンテンツはもちろん、ファンイベント【BIGBANG SPECIAL EVENT -HAJIMARI NO SAYONARA-】、
ツアー各公演MC名珍場面集【SPECIAL FEATURES】、
各公演のLIVE映像で特別編集した【COLLECTION OF BEST MOMENTS】、
更にマルチアングル映像と、トータル約10時間の大ボリュームの映像を収録!
そして2枚組みLIVE CDまでもパッケージング!

________

Erinam

韓国在住のグラフィックデザイナー ・イラストレーター。

韓国ブランド等のアテンド・コーディネーターとしても活動。

http://erinam-ports.tumblr.com

omusubierina.blogspot.jp

instagram.com/ekot_erinam

RELATED

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

【インタビュー】KERENMI | 国内で椅子取りゲームするより、新しい席を作りたい

日本を代表するプロデューサー・蔦谷好位置が、新たにKERENMIというプロジェクトをスタートさせた。11月23日にリリースした「ROOFTOPS」を皮切りに、今後SALUをはじめとするさまざまなアーティストとの共演曲を発表していくという。J-POPですでに圧倒的なポジションを確立している蔦谷は、なぜ変名プロジェクトをやろうと思ったのか? その思いを聞いた。

【特集】初来日公演を行うOddiseeが選ぶDMVエリアが生んだ10曲

11/26(月)に初来日公演を代官山UNITで開催するOddisee。ラッパー、そしてプロデューサーとしてソウルフルなサウンドが日本でも高い評価を受けている彼が、今回の来日公演を前に、彼が生まれ故郷であるワシントンD.C.、メリーランド、ヴァージニアからなるDMVエリアのフェイヴァリットチューン10曲をセレクトしてくれた。彼の生まれ故郷が育んだ音楽の歴史をチェックしてほしい。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。