PUNPEE、ECD、スチャダラパー、RHYMESTERなどが加山雄三の世界をリミックスしたアルバム『加山雄三の新世界』

加山雄三の代表曲"お嫁においで"をラッパーでトラックメーカーのPUNPEEがリビルドした"お嫁においで 2015 feat.PUNPEE"は、2015年9月にリリースされ大きな話題となった。オリジナルのサビを引用しながらPUNPEEによるオリジナルのラップと再構築されたトラックは、加山雄三の世界に新たな彩りを加えたものだった。

そしてその楽曲も収録されたリミックスアルバム『加山雄三の新世界』が3/8にリリースされることが発表された。

参加アーティストによる、加山雄三を媒介とした新世界の表現がされたこのアルバムに参加しているのは前述のPUNPEEのほか、ECDやスチャダラパー、RHYMESTER、サイプレス上野とロベルト吉野、KAKATO、RITTOなどのラッパーを中心にに計13組だ。

またトラックメーカーとしてもDorianや川辺ヒロシ、ALTZなどのダンスミュージックシーンのアーティストに加え、GAGLEのDJ Mitsu The Beatsも加わり、ラジカルな加山雄三というアーティストの解釈の幅の広さを感じさせるラインナップが揃う。

3/8のリリースを前に"お嫁においで 2015 feat.PUNPEE"のミュージックビデオと"君といつまでも(together forever mix)"に参加するECDがフィーチャーされたトレイラームービーも公開中だ。

また"君といつまでも(together forever mix)feat. ECD×DJ Mitsu The Beats"と"お嫁においで2015 feat. PUNPEE"がアナログ7inchシングルとして3/10にリリースされることも決定している。

 

Info

加山雄三

Various Artists - 『加山雄三の新世界』

価格:¥2,500(税込)

M1 お嫁においで2015 feat. PUNPEE

 

M2 蒼い星くず feat. ももいろクローバーZ×サイプレス上野とロベルト吉野×Dorian

M3 夜空の星 feat. KAKATO×川辺ヒロシ

 

M4 ブラック・サンド・ビーチ〜エレキだんじり〜 feat. スチャダラパー

 

M5 旅人よ feat. RHYMESTER

 

M6 夕陽は赤く(yah-man version)feat. RITTO×ALTZ

 

M7 海 その愛 feat. 水曜日のカンパネラ

 

M8 君といつまでも(together forever mix)feat. ECD×DJ Mitsu The Beats

 

All the original track vocals and guitar by KAYAMA YUZO

INFORMATION  DREAMUSIC・

03-5775-7482(本社宣伝部) 06-6940-6565(大阪) 011-611-1000(北海道.WESS)092-732-5558(九州.SAVAGE)

RELATED

故ECDのドキュメンタリーがNHK Eテレで放送 | 「個」として生きた人生に迫る

今年1月に57歳でその生涯を閉じたラッパーのECDのドキュメンタリー番組がNHK Eテレで10/14(日)午前5時から放送される。

DJ Mitsu the Beatsと吉田雅史による『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』刊行を記念したトークショーが開催

JAZZY SPORT SHIMOKITAZAWAにて、早生の天才ビートメーカー、J・ディラの創作の秘密に迫った『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』の刊行を記念したトークイベントが10/18(木)に開催される。

スチャダラパー、PES、underslowjamsなどが出演し能登島で開催されるフェス『WANDERING』が今週末に開催

放浪をコンセプトに日本各地で開催予定のフェス、『WANDERING』の第一回目がいよいよ9/23(日)に石川・能登島で開催となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。