YUKSTA-ILL、来週リリースの新作『NEO TOKAI ON THE LINE』のトレイラームービーが公開

YUKSTA-ILLのニューアルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』が来週2/2にリリースされるのに先立ち、本日トレイラームービーが公開された。

日本で最も先鋭化されオリジナルなラッパーやプロデューサーが集う地は、東海地方かもしれない。その東海を担っているのが、RC SLUM / SLUM RCだ。

YUKSTA-ILLはその中心メンバーとして近年ではCAMPANELLAやMIKUMARIなど同胞の作品に参加しつつ、tha BOSSやDJ RYOWらの作品にも登場するなど、精力的な活動を続けてきた。

2011年の『questionable thought』以来6年ぶりとなる今作にはCAMPANELLAやSOCKSなど東海勢が客演し、PUNPEE、RAMZA、MASS-HOLEなどの多様なビートメイカーが集う。

TOKAI DOPENESSという肩書きがバッチリはまるディープなトラックから、裏テーマであるアレン・アイバーソンにオマージュをささげたバンギンな1曲まで、どんなスタイルのトラックでも乗りこなすYUKSTA-ILLの凄みが全開になった作品となっている。

本日公開されたトレイラーではライブハウスのバックステージ、ストリートなど様々な風景が切り出されている。来週のリリースを待ちたい。

YUKSTA-ILL

アーティスト: YUKSTA-ILL (ユークスタ・イル)
タイトル: NEO TOKAI ON THE LINE (ネオ・トーカイ・オン・ザ・ライン)
レーベル: P-VINE
品番: PCD-25216
発売日: 2017年2月2日(木)

1. NEW STEP
Prod by GINMEN
2. KNOCKIN' QRAZY Prod by Olive Oil
3. STILL T
Prod by MASS-HOLE
4. FCZ@MAG SKIT 5. HOOD BOND
Prod by GINMEN
6. OVERNIGHT DREAMER

Prod by PENTAXX.B.F
7. LET'S GET DIRTY / feat. SOCKS
Prod by PUNPEE 8. WEEK-DEAD-END Prod by DJ SEIJI
9. RIPJOB
Prod by Olive Oil
10. GOTTA GO
Prod by OWL BEATS
11. GIFT & CURSE Prod by MASS-HOLE
12. TO MY BRO Prod by GINMEN
13. LOOK AHEAD OF US / feat. Campanella Prod by SNKBUTNO
14. NEO TOKAI ON THE LINE Prod by RAMZA
15. CLOSED DEAL Prod by GINMEN

RELATED

16FLIPやMASS-HOLE、YUKSTA-ILLなど1982年生まれのアーティストたちによるDJプレイが楽しめるパーティー『1982s』

4/7(土)に東京・中目黒のSolfaでパーティー『1982s』が開催される。

ベストサマーチューン 2017 Selected by YUKSTA-ILL

FNMNLの夏企画『ベストサマーチューン』。アーティストやDJ、アパレル関係者、はたまたブロガーやライターなどの方々が、思い思いの2017年夏の1曲をピックアップ。

YUKSTA-ILLの新作『NEO TOKAI ON THE LINE』から“KNOCKIN' QRAZY”のミュージックビデオ

C.O.S.A.やCAMPANELLAも参加する東海のクルー、RC SLUM / SLUM RCのラッパーYUKSTA-ILLのアルバム『NEO TOKAI ON THE LINE』から、Olive Oilのプロデュースによるリード・トラック"KNOCKIN' QRAZY"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。