アシッド・ハウスの黎明期を伝えるハードコアなドキュメンタリー作品『They Call It Acid』

MUSIC  2017.01.26  FNMNL編集部

Carl Cox、Larry Heard、Derrick Mayらが登場するアシッド・ハウスのドキュメンタリー映像の新たなトレイラーが公開された。

アシッド・ハウスのメッカ、ハシエンダのDJ Graeme ParkやA Guy Called Geraldたちが登場し、証言するドキュメンタリー『They Call It Acid』は制作に14年を費やした。文字通り愛の労作といえるだろう。そしてついにそれをお目見えする時がやってきた。

『They Call It Acid』はレイブ・カルチャーの黎明期、そしてイギリス政府の取り締まりに焦点を当てたドキュメンタリー。アシッド・ハウスの取り締まりは「アルカリ作戦」と呼ばれていたそうだ。

インタビュー・パートにはCarl Cox、Larry Heard、Derrick Mayやノエル・ギャラガーらも登場し、そのほかにレアなレイブの映像や警察の強制捜査などの映像も含まれる。

監督のGeorge Masonは10数年を制作に費やし、ほとんどは80年代に撮影された動画であるという。世界中の映画祭で上映され、英国インディペンデント・フィルム・アワードにノミネートされている。

オフィシャルサイトで公開情報などをチェック。

MUSIC

FASHION

CULTURE