FEBBがA-THUG、B.D.をはじめUSからはAZやYOUNG M.A「OOOUUU」のプロデューサーも参加した2ndアルバムをリリース

Fla$hBackSやCRACKS BROTHERS、DOGGIESとしても活動するラッパーのFEBBが2年ぶりの2ndアルバム『SO SOPHISTICATED』を3/29にリリースすることを発表した。

故Dev Largeに「10年に一度のラップアルバム」と言わしめた1stアルバムから2年、新作には自身のフェイバリット・ラッパーの一人、レジェンドAZやFrench MontanaのCoke Boysに所属するCHEEZE、クイーンズの新鋭BOOGZ BOOGETZというUSからのゲストに加え国内からは、A-THUG、B.D.、KNZZ、敵刺が参加している。

またプロデューサーにもA$AP Rockyや2 CHAINZも手がけるV DONやYoung Thug、Chief Keefにビートを提供するLUCA VIALLIや、2016年のビッグヒットYOUNG M.A「OOOUUU」のNY BANGERS、SCRATCH NICE&GRADIS NICEが起用されている。

日本・USの垣根を越えた新たなスタンダードとなるポテンシャルを持った作品となっている。

Info

アーティスト:FEBB AS YOUNG MASON(フェブ・アズ・ヤング・メイソン)

タイトル:SO SOPHISTICATED(ソー・ソフィスティケイテッド)

2017.3.29 ON SALE

品番:VBCD-0082

定価:¥2,400+税

発売元:VYBE MUSIC

収録曲目(全13曲収録)

1.ANGEL FT.AZ prod.FEBB ※リードトラック
2.CAREFREE prod.FEBB
3.DON FT.B.D. prod.V DON
4.HUSSLE 4 HUSSLE FT.KNZZ prod.SCRATCH NICE&GRADIS NICE
5.THE GAME IS STILL COLD FT.A-THUG prod.LUCA VIALLI
6.ON FIRE FT.敵刺 prod.NY BANGERS
7.WAVY FT.CHEEZE prod.FEBB
8.AESTHETIC prod.FEBB
9.OPERATION SURVIVE prod.CHAD G
10.SHADOW -EYES- prod.FEBB
11.WELCUM 2 THE HEAVEN FT.BOOGZ BOOGETZ prod.FEBB
12.OUTRO prod.FEBB
13.CONQ CITY PT.2 prod.FEBB

RELATED

Febbの生前最後のアルバムをSCARSのSacが全曲リミックスした『So Sophisticated Ver2.0』がリリースへ

Febbが生前最後にリリースしたアルバム『So Sophisticated』を、Febb自身のオファーによりSCARSのビートメイカーSacが全曲リミックスしたアルバムが完成した。 生前に水面下で進行し完成していたこのプロジェクト、Sacの武器であるサンプリング・センスを生かしたオーセンティッ...

STRUGGLE FOR PRIDEが12年ぶりの2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を2枚組BOX仕様でリリースへ

2016年より活動を再開した日本を代表するハードコアパンクバンドSTRUGGLE FOR PRIDEが、12年ぶりとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を5月にリリースすると発表した。

Cracks Brothersが1stアルバム『03』を5月にリリースへ

TETRAD THE GANG OF FOURの一員であるSPERBが、2011年に立ち上げた都市型ヒップホップ集団Cracks Brothersが、5/23に1stアルバム『03』をリリースする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。