宇多田ヒカル 「忘却 featuring KOHH」のミュージックビデオ。監督は山田健人(dutch_tokyo)

宇多田ヒカルの最新アルバム『Fantôme』からKOHHをフィーチャーした"忘却"のミュージックビデオが公開された。

このビデオの監督を務めたのは、これまでもSuchmosやYOUNG JUJUなどのミュージックビデオの監督をつとめ、yahyelのメンバーであるdutch_tokyoこと山田健人だ。

yahyelの"Alone"のミュージックビデオでみせた神秘的なムードが、光と影の抜き差しによって、今回のビデオでも表現されている。冒頭に織り込まれる細胞のような物体が映るシーンと、最後に挿入される空のシーンも印象的だ。

『Fantôme』からは"二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎"のShort Versionのミュージックビデオに続き、2作目のミュージックビデオとなる。

RELATED

宇多田ヒカルの11年ぶりのシングル『Face My Fears』が本日リリース | 『初恋』もストリーミングサービスに登場

宇多田ヒカルが11年ぶり22枚目となるシングル『Face My Fears』が、本日1/18(金)にリリースとなった。本作にはSkrillexとのコラボ曲である"Face My Fears"の日本語バージョンと英語バージョン、さらにアルバム『初恋』にも収録された"誓い"とこの楽曲の英語版となる"Don’t Think Twice"を含めた計4曲を収録。

宇多田ヒカルのPlayStation®4用ソフト『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - "光" & "誓い" – VR』から"光"が先行配信

先日、約12年ぶりの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』を終えたばかりの宇多田ヒカル。

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。