Kodak BlackとLil Yachtyによる「ブロッコリー」を巡るビーフが勃発

先日釈放されたばかりのフロリダのラッパー、Kodak Blackが自身のスラング"ブロッコリー"を盗用したとして、シンガー/ラッパーのD.R.A.M.と同じくXXL Freshmen 2016に選出されたラッパーLil Yachtyへのクレームを投げつけた。そして、そのクレームにYachtyはリアクションを返している。

D.R.A.M.は今年10月に自身のデビューアルバム『Big Baby D.R.A.M.』をリリースした。そのアルバムに収録されたヒットチューンがYachtyとのコラボ曲"Broccoli"だ。Kodakはこのタイトルが気に入らない様子で、自身のInstagramに「ブロッコリーというスラング(マリファナという意味)は俺のものだ。」と投稿している。

Square Ass Niggas Be On My Trail Too Much So I'm Switching It Up I Don't Smoke Broccoli No More I Smoke Cantaloupe

Project Babyさん(@kodakblack)が投稿した動画 -

 

「誰が俺のスラングを使ってラップしてるんだ?お前はブロッコリーを吸うなって言ってんだ。こんな堅物がラップするからもうブロッコリーは吸わないけど、おれはカンタロープを吸う」

Kodakが最初に「ブロッコリー」を使ったのは2014年にリリースされた"No Flockin"での「俺はブロッコリーを吸うけど、ドクターは俺に健康的なキッズだって言ってた」というラインである。

 

その後、Kodakは自身のInstagramに再度、D.R.A.M.とYachtyへのクレームを投稿している。

Or Watermelon Or Sum Shit

Project Babyさん(@kodakblack)が投稿した動画 -

「これ以上ブロッコリーをラップで使うな、その代わりホウレンソウかほかのを吸ってろ。もう二度とブロッコリーを吸うなよ。」

このクレームに対して、D.R.A.M.は未だリアクションを起こしていないが、Yachtyは自身のInstagramで「俺はお前を愛してるんだから、軽蔑しないでくれ。」とKodakへのコメントと一緒にムービーを投稿している。

@kodakblack all I show is love bro don't disrespect me

KING BOATさん(@lilyachty)が投稿した動画 -

「俺はライブでブロッコリーをやる時は、いつもKodakにシャウトを送ってるよ。俺はブロッコリーを吸ったことはないし、ウィードにも興味がない。Kodakのことはリスペクトしているし、俺は堅物じゃないよ。」

Yachtyは今年はビーフを仕掛けられることが多かったが、今回のKodakとのビーフにはどこか気の抜けたゆるさがある。ブロッコリーというスラングも既にほかのラッパーにも使われているし、どこか笑えてくる場面もある。今年のビーフはこれで最後となるのか。

Via Complex

RELATED

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

Kodak Blackが来月には釈放か

昨年から性的暴行やドラッグの使用など複数の容疑によって収監されていたKodak Black。今年初頭には1年間の服役の判決を受けていたKodakだが、それよりも早く釈放される予定になったとThe Blastが報じている。

Lil Yachtyが10人の友達とシェアハウスで暮らしていると明かす

Lil Yachtyはデビューしてから、着実にラッパーとしてのキャリアを歩み、今ではアメリカを代表する若手ラッパーの1人となったといっても過言ではないだろう。 しかし、リスナー達は忘れているかもしれないが、そんな彼もいまだ20歳の1人の若者なのだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。