2016 Best Or Worst by GRADIS NICE

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。こちらは今年ISSUGIとのコラボアルバム『DAY AND NITE』をリリースしたNY在住のビートメーカーGRADIS NICEによる2016年のベスト。

2016 Best by GRADIS NICE

ISSUGI & GRADIS NICE - 『DAY and NITE』を出せた事!

Issugi

コメント

この作品をISSUGI君と出せた事で、もっと真剣に音楽を自分のビジネスにしていく意識にさせてくれた。ワーストな事を聞きたい人なんて誰も居ない。でも何かワーストな事が起こった時に、ただ嫌だから忘れるんじゃなくて、それを経験としてしっかり自分なりに受ける入れる事が成長に繋がる。

来年に向けての告知など

来年は、色々な作品を聴かせる事が出来ると思います!

12/17まで限定の受注生産でGRADIS NICEのBEATTAPE & T-SHIRTS SETを、Down North CampのオンラインショップREFUGEEMARKETで販売受け付け中。Tシャツのサイズは白黒2色展開(サイズS~XL)で、白黒セットと白・黒それぞれのものが選べる。ビートテープのトレイラーもSoundCloudで公開中だ。

Gradis Nice

 

Gradis Nice

プロフィール

Gradis Nice

GRADIS NICE

Gradis Niceは元々ヒューマンビートボクサー(AFRA 啓
K-MOON)として10代の頃から活動。ヒューマンビートボクサー時には世界中の大型フェスティバル(Spain sonar festival,
Australia big day out,、ノルウェー公演、モスクワ公演,etc)にて様々なアーティストと共演、De La Soul,
Kanye West, Lupe fiasco, Stone Roses 全英ツアーサポート。M.I.A. ツアーサポート。コカコーラTV
コマーシャル、Diplo等がプロデューサーとして参加したアルバム等をavex recordからリリース後、活動休止。K-MOONはその後GRADIS NICE と改名しBuddha BrandのNIPPS率いるSEXORCISTで楽曲制作を再開する。そして数々のラップアルバムにプロデューサーとして参加。NEW YORK はBROOKLYN
地区を主な活動拠点とし日々音楽を制作している。

https://twitter.com/gradisnice

https://soundcloud.com/gradisnice

https://www.instagram.com/gradisnice/

RELATED

GRADIS NICEがココナッツディスク代々木店限定ビートテープシリーズに登場

OMSB、VOLOJZAがリリースしてきたココナッツディスク代々木店限定のビートテープシリーズ第3弾にNYを拠点とするビートメイカーGRADIS NICEが登場、昨日から同店でリリースされている。

Fitz Ambro$eのレーベルPBMから自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリース

東京を拠点に活動するカナダ出身のビートメイカーFitz Ambro$eが運営するレーベルPBMから、Fitz Ambro$e自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリースとなった。

GRADIS NICE & DJ SCRATCH NICEがフリービートテープ『SALTY CITY』をリリース

NYを拠点に活動するビートメイカーのGRADIS NICEと、最近ではBES & ISSUGIのアルバムにもビートを提供しているDJ SCRATCH NICEによるビートテープ『SALTY CITY』をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。