トランプ勝利を「必然」としたVic Mensaの真意とは

高校時代からChance the Rapperと友人で、現在シカゴのSave Money所属のラッパー、Vic Mensaが、先日トランプの勝利で幕を閉じた2016年大統領選挙に対する心境をbillboardにエッセイとして綴った。「現在のアメリカの状況を踏まえると、今回の選挙の結果は必然だ。黒人であるオバマによって与えられた我々の平和は、ヒラリーが今回の選挙に勝ってこそ続いたであろう。」とMensaは言う。

 

「オバマの政権下においてさえ黒人に平和はなかった。ましてトランプ政権下においてはどうであろうか。」とMensaは言う。実際、トランプ勝利後から、全米各地で黒人やイスラム教徒、ヒスパニック系、同性愛者などに対する差別行為の被害が多発している。

Mensaはこのような社会問題に対する自らの見解を頻繁にSNSで発信している。彼の最新シングル”16 shots”は、17歳の少年Laquan McDonaldが2014年にシカゴの警察官に16発の弾丸を撃ち込まれて死亡した事件をモチーフとしている。「この曲は自己防衛を表現している。この頃から世界は大きく変化した。しかし我々(黒人などのマイノリティ)の生活が未だリスペクトされていないということは変わらないままだ。」と彼は述べている。

トランプ勝利によって激化するマイノリティに対する差別行為。そんなアメリカの変動に対して、Mensaは次にどのようなアクションを起こすのだろうか。「我々は差別の下では戦うことができない。我々は正義のために戦わなければならない。」という言葉でMensaはエッセイを締めくくっている。(岡本)

 

 

RELATED

Chance The Rapperが聖書を読み込むための休暇を取ると発表

先月末に“The Man Who Has Everything”と“My Own Thing”の2曲を発表し、勢いを止めることなく活動を続けているChance The Rapper。

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。