Nike、adidas、Puma、UNIQLOの生産を支える元工場労働者の申洲国際集団とは?

FASHION  2016.10.31

Nike、adidas、Puma、UNIQLOといった日米欧の有力アパレルブランドの大部分をOEM生産を受託する「申洲国際集団」は元工場労働者であった馬建栄(Ma Jianrong)によって1990年に設立された。申洲国際集団はNikeの総生産の12%、adidasの12%、UNIQLOの14%、Pumaの30%をOEMで生産している。

 

申洲国際集団は中国の大手アパレル製品メーカー。従業員数は数万人を超える。国内とベトナム・プノンペン、カンボジアのプノンペンも工場を持っている。Citibankは、今後大手メーカーは申洲国際集団への依存割合をさらに高めると予測している。申洲国際集団の株価はこの1年で40%上昇。馬建栄の総資産は30億ドルから40億ドルとも言われている。

中国のアパレル・バブルはまだまだ続くのだろうか?

via Highsnobiety

Adidas(楽天)

PUMA(楽天)

Nike(楽天)

MUSIC

FASHION

CULTURE