【Interview】日本一のNirvana Tシャツコレクターに聞く、バンドTシャツの世界

FEATURED  2016.10.14  Tetsuro Wada

- バンドTシャツをそのバンドの音楽を知らずに着るかどうかみたいな議論があったりしますが、門畑さん個人的にはいかがですか?

門畑明男 - 自分が20歳くらいの頃は嫌でしたけど、今はしょうがないのかなって感じがしますよね(笑)。例えばですけど、ちゃんとしたブランドのものを、ちゃんとしたブランドのものと知らないで着ている人たちっているじゃないですか。それと同じような感覚だと思うんですよね。僕も10代のときに、Realってスケートブランドを知らないで、ただグラフィックがかっこいいなと思ってTシャツを着てたんですよ。全然知らずに着てたらスケーターの友達から、そのブランドちゃんとあるんだよって聞いて、あそうなんだって、それから着なかったんですよ。でもあくまでグラフィックとしてっていうのでいいのかなと思いますね。

- 100枚ほどコレクションを持たれてて、一番愛着があるTシャツはどれですか?

門畑明男 - ずっと探してたやつは、10年以上探してて、半年以内に買ったんですけど、それはNirvanaのTシャツじゃないんですよ。カート・コバーンが着てたデザインと同じTシャツ。カート・コバーンはいろんなバンドのTシャツを着たりしているので、バンドで探せば結構見つかったりするんですよ、あとはモヘアのセーターだったりとか。僕が探してたTシャツは当時アメリカにあったSound Magazineっていう雑誌のロゴがプリントされた、その雑誌のオリジナルTシャツで、ここ10何年探して1回も見たことがなかったので、正規で売ってないと思ったんですよね。例えば雑誌の付録についてるとか、身内だけに配られてるとか、わからないんですけど多分そういう感じです。

それをずっと探してて、半年くらい前に初めて見つけたんですよ。正直カート・コバーンが着てたのはロンTなんですけど、僕のは半袖なんですよ、でも半袖も見たことなかったんで。Nirvana好きな人は新品で、そのTシャツを作ったりブランドも作ったりしてると思うんですよ。そういうのはちょこちょこ数千円で売ってたりするんですけど、どうしてもオリジナルが欲しくて。金額は15万くらいですね、でも10数年探してたので。カート・コバーンが着てたロンTならもっとするでしょうね。20万くらいかな。

Nirvana

- 他に探してるTシャツはあるんですか?

門畑明男 - 何度か見たりとかしたことはあるんですけど、パスとかキャンセルしたやつは、インディーズ時代の曲で"Blew"って曲があるんですよ。そのジャケットを使ったTシャツとか、結構街中では見たりするんですけど、顔を別人にしてNirvanaのロゴをいれてるTシャツがあるんですね、それもいつか欲しいかな。今で10万円くらいの値段だと思うんですけど、いいタイミングで見つかれば欲しい。昔は安く買ってたんで、なかなかそこまでの金額に踏ん切りがつかないんですよ。その金額でもバンバン売れてますよ。欲しいTシャツが入荷して悩むんですよ、またこんな金額かって。悩んで2日後に行ったら、もうないですね。

- 他にもライバルがたくさんいるんですね。

門畑明男 - NirvanaのTシャツだけを集めてる人はいるかはわからないですけど、NirvanaのTシャツをいっぱい持ってる人はいますね。それはわかってるんですよ、あの人とあの人と、あの人みたいな(笑)

- 今だとロックTシャツコレクターじゃなくて、芸能人とかラッパーも着てるじゃないですか?それについてはどう思われますか?

門畑明男 - 主観ですけど、ラッパーの人がロックT着るのは、見ててかっこいいなと思いますね。ヒップホップとか詳しくないんですけど、NirvanaのロンTを着て歌ってる人とかを見たことがあって、かっこいいなと思いましたね。ロックTって版が大きいんで、どうしても大きくなるんですよ。なのでタイトに着てっていうのが結構難しい。でもヒップホップの人ってそれをちゃんと着れるんですよね。それが様になるなって。あとミスマッチな感じも個人的にはかっこいいかな。芸能界の人もどうなんですかね、好きで着てるのかただ単に着てるのかわからないですけど。似合ってればいいんじゃないですかね。ただ芸能界の人が着ると高くなっちゃうんで、そこは集める側としてはちょっとって感じですね。

Nirvana

- 門畑さんはバンドTシャツをコーディネートするとしたら、どんなコーディネートにしますか?

門畑明男 - やっぱりベタにジーンズですかね。NirvanaのものだったらジーンズにJack Purcellを履いたりだとか、合うんですけどそれだとベタベタすぎるじゃないですか。例えばパンツだけDickiesにしたりとか、1個くらいそれっぽいアイテムを入れてる方がオシャレかどうかは別として、そのバンドが好きだっていうのが伝わってくるかなって。全身やっちゃうと、ちょっと真似になっちゃうので。1個くらい所縁があるアイテム入れるくらいでいいのかなって気がしますけどね。

- NirvanaのTシャツってどれくらいの種類があるのかって分かったりするんですか?

門畑明男 - 正規品でいえば、多分数十枚、30枚くらいだと思うんですよね。アルバムやシングルと、ツアー用とかライブ用で出してるとか考えるとそれくらいだと思いますけど、ロックTが好きな人って、ブートに走るので。どっちが好きかはあれですけど、ブートでも個人で作ってるブートじゃなくて、ちゃんと会社とかが作ってる。言っちゃえば違法だったりするんですけど、数的にはまあまああるのかなって。200くらいですかね、今でも見たことないのでてきますからね。もしかしたら今の方が出てきてるかも。新しく今作られてるのはわかるんですよ、仕事上、ボディーとプリントが合ってないとか、ボディーが古くないとかわかるので。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE