FutureがCiaraとの法廷バトルに勝利

CiaraはFutureの一連のツイートやインタビューのコメントによる名誉毀損で1500万ドルを要求したが、裁判所の判決によると獲得出来なかったとTMZが報告している。

 

今年の始めにCiaraは複数回彼女をバッシングするFutureのインタビュー中の発言とソーシャルメディアの投稿の載った書類を裁判所に提出した。

FutureがラジオインタビューでCiaraとアメリカンフットボール選手のRussell WilsonがFutureの息子をベビーカーに乗せて歩いている写真を見せると、「彼女はよく彼と一緒にいるよ。パパラッチは彼らにその写真を教えてあげなよ。俺の息子を売名行為に使うな。」と述べていたことや彼女に対してのツイートが今回の彼女の訴訟きっかけとなっている。

TMZによると、裁判所は一連のFutureのツイートにより、Ciaraの母親でシンガーという彼女のイメージを傷つけたとして名誉毀損の罪で訴訟を起こした。しかし、それに対する証拠が不十分と判断され、請求できなかった。裁判所は"this bitch got control problems,"などのFutureのツイートなど彼女の顔を傷つけていない。CiaraはFutureが確実に自身のキャリアを傷つけた証拠持ってこなければならないとして却下した。

今回の件はFutureに軍配が挙がったというわけだ。二人の因縁は別れた今までも続いていて、いつまで続くのか誰にも分からない。

Via TMZ

RELATED

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

Futureがただのチキンサンドを売り切れ続出中のPopeyesのチキンサンドに偽装しガールフレンドにプレゼント

フライドチキンチェーン同士のチキンサンド対決「#ChickenWars」の盛り上がりによって、売り切れが続出しているPopeyesのフライドチキンサンド。以前Quavoがチキンサンドを大量に買い占め一つ1000ドルで転売しようとしたことを報じたが、今回はPopeyesのチキンサンドを購入出来なかったFutureがまさかの行動に出たようだ。

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。