「Frank Oceanを1日10回ラジオ局が流せば世界は良くなる」とKanyeが呼びかける

Kanye WestがFrank Oceanの新アルバムを絶賛し、ラジオ局に向けて「Frank Oceanの曲を流そう」と呼びかけるキャンペーンをTwitterで始めた。

音楽を本当に愛している人でラジオ局に働いている人に言いたい、力を合わせようと。お気に入りのFrank Oceanの曲を選んで、1日に10回流そう。

世界中にあるラジオ局、I Heart、Clear Channel、地元局、衛星局、すべての局へ。Frank Oceanのアルバムは世界をよりよいものにするよ。

オレとDrakeはFrankを聞いているよ。ラジオ局は素晴らしいアーティストをサポートするべきだ。

自分自身に聞いてみてくれ。どうして音楽を好きになったのか。そしてその自分自身のミュージック・ストーリーに付け加えるとすれば、何が出来るのかを考えてみてほしい。

民衆に力を。アーティストに力を。アーティストを力づけて、より素晴らしい世界を創造しよう。

RELATED

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

Snoop Doggが再びKanye Westをレイシストだと批判

今年の春、突如としてトランプ大統領の支持を表明したKanye Westによる「奴隷制は選択だった」という発言は大きな波紋を広げた。多方面から反論が寄せられる中、Kanyeを白人に加工した画像を投稿するなど、一際怒りを見せたのがSnoop Doggだった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。