Chance The Rapperがセレブやトップアスリートも社会的不公平に対して責任感を持つべきとツイート

via Facebook

Chance The Rapperが本日セレブやトップアスリートたちも社会的責任を持つべきだという趣旨のツイートをTwitterで立て続けにおこなった。

Chanceはテレビ局ESPNが開催するNBAのスーパースターのLebron JamesやCarmelo Anthonyが出席する銃や暴力をテーマにしたフォーラムに出席しない旨をツイートし、その代わりにセレブやアスリートの社会的正義に対する責務についても言及する連続ツイートをおこなった。

司法システムはすべての殺人罪について「人々」のために全面的に機能するように責任を持っている。

全てのメディアは全ての殺人といわれているものに対して最初に情報を伝える者として正確な報道を行う責任がある。

報道機関は不法な状況を沈静化し、殺人を犯すことなく平和を取り戻すことへの責任を持っている。

そしてセレブやトップアスリートはTwitterやフォーラムや作品でこれらのことを叫ぶ責任がある、とChanceは一連のツイートを締めくくった。Chanceの念頭には全米最悪の犯罪都市と言われている地元シカゴの状況や銃規制が一向に進まないアメリカ社会全体があると思われる。

related

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。