Frank Oceanのフェイバリット・ソングリスト

Frank OceanはZine『Boys Don’t Cry Magazine』をポップアップストアで配布。そのZineにはKanye WestのマクドナルドについてのポエムやFrank OceanとラッパーのLil Bの対談なども掲載されている。

当然のごとく入手困難なZineはeBayなどに転売され、高額で取引されている。そこでFrank Oceanの母親であるKatonyaさんは「Zineを高額で購入しないで」と呼びかけているが、オークションなど以外で入手する方法はない。

そんな中、Zineに掲載されているFrank Oceanのフェイバリット・ソングリストが歌詞投稿サイトGeniusに掲載された。

そのリストにはFrank Oceanが以前追悼文をポストしたPrinceの"When U Were Mine"や、The Beatlesの"I Am The Wallus"、Gang Of Fourの"Anthrax"も入っている。

またアルバムに参加しているJames Blakeの"I Never Learnt To Share"やアルバム内でFrank Oceanが"Close To You"をカバーしたStevie Wonderの"Jesus Children Of America"、OutKastの"Vibrate"などがFrank Oceanのお気に入りとして入っている。

 

他にもこのリストには、ジャンルや時代分け隔てなく、富田勲やAphex Twin、Daft PunkやJimi Hendrix、Todd Rundgren、The Cure、Goldlink、D.R.A.M、Ray Jなどが入っており、Frank Oceanの音楽の趣味の幅の広さを知ることができる。

リストはGeniusで見ることができる。

RELATED

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Playboi Cartiがリスペクトを公言するFrank Oceanと5曲をレコーディングしたと明かす

5月にはデビューアルバム『Die Lit』をサプライズリリースし、また88risingのアルバム『Head in The Clouds』にも参加したPlayboi Cartiが、Frank Oceanと共に5曲もの新曲をレコーディングしたことを明かした。

PharrellがFrank Oceanの芸術性を語る

Frank Oceanのアルバム『Channel Orange』のリリース6周年を記念し、同作に楽曲を提供しているPharrellが彼の軌跡についてAppleのBeats 1の番組で語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。