2016 MTV Video Music Awards、ノミネートアーティスト発表!

8/28にNYのマディソンスクエアガーデンで開催される、全米最大級の音楽賞の1つ「2016 MTV Video Music Awards」(VMA)の、ノミネートアーティストが発表された。

スーパーボウルのハーフタイムショーでの圧巻のパフォーマンスも記憶に新しいBeyonceは今年最多となる11部門にノミネート。最新アルバム『Lemonade』からシングルカットされた”Formation”はなんと最優秀ビデオ賞を含む6部門にノミネート。さらに最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀コラボレーション賞など、彼女自身のキャリア史上最多となる計11部門にエントリーされた。

Beyonce

Beyonceに続く8部門でノミネートされているのはAdele。昨年リリースした大ヒットアルバム『25』からのリード曲”Hello”のミュージックビデオが、最優秀ビデオ賞を含む7部門にエントリーされた。最優秀ビデオ賞には他にもDrakeの”Hotline Bling”やJustin Bieberの”Sorry”、Kanye夫妻やTyler Swiftらが全裸でベッドに横たわる問題作、Kanye Westの”Famous”がノミネートされている。

VMA
NYのイーストビレッジの公園の壁に描かれた、最優秀ビデオ賞のノミネートアーティストたち

VMAはMTVで8/29の21:00-23:00に字幕なしのバージョンが放送される他、9/3から9/30まで字幕付きのバージョンが8回放送される。

VMAのノミネート一覧は下記

<最優秀ビデオ賞/VIDEO OF THE YEAR>

Adele 「Hello」

Beyonce 「Formation」

Drake 「Hotline Bling」

Justin Bieber 「Sorry」

Kanye West 「Famous」

<最優秀女性アーティスト・ビデオ賞/BEST FEMALE VIDEO>

Adele 「Hello」

Beyonce 「Hold Up」

Sia 「Cheap Thrills」

Ariana Grande 「Into You」

Rihanna feat. Drake 「Work」 (short version)

<最優秀男性アーティスト・ビデオ賞/BEST MALE VIDEO>

Drake 「Hotline Bling」

Bryson Tiller 「Don’t」

Calvin Harris feat. Rihanna 「This Is What You Came For」

Kanye West 「Famous」

The Weeknd 「Can’t Feel My Face」

<最優秀コラボレーション賞/BEST COLLABORATION>

Beyonce feat. Kendrick Lamar 「Freedom」

5th Harmony feat. Ty Dolla $ign「Work From Home」

Ariana Grande feat. Lil Wayne 「Let Me Love You」

Calvin Harris feat. Rihanna 「This Is What You Came For」

Rihanna feat. Drake 「Work」 (short version)

<最優秀ヒップホップ・ビデオ賞/BEST HIP HOP VIDEO>

Drake 「Hotline Bling」

Desiigner 「Panda」

Bryson Tiller 「Don’t」

Chance The Rapper feat. Saba 「Angels」

2Chainz 「Watch Out」

<最優秀ポップ・ビデオ賞/BEST POP VIDEO>

Adele 「Hello」

Beyonce 「Formation」

Justin Bieber 「Sorry」

Alessia Cara 「Wild Things」

Ariana Grande 「Into You」

<最優秀ロック・ビデオ賞/BEST ROCK VIDEO>

All Time Low 「Missing You」 Cold Play 「Adventure Of A Lifetime」

Fall Out Boy feat. Demi Lovato「Irresistible」

twenty one pilots 「Heathens」

Panic! at the Disco「Victorious」

<最優秀エレクトロニック・ビデオ賞/BEST ELECTRONIC VIDEO>

Calvin Harris & Disciples「How Deep Is Your Love」

99 Should feat. Destiny Child & Brandy 「The Girl Is Mine」

Mike Posner 「I Took A Pill In Ibiza」

Afrojack 「SummerThing!」

The Chain Smokers feat. Daya「Don’t Let Me Down」
<最優秀長編ビデオ賞/BREAKTHROUGH LONG FORM VIDEO>

Florence and the Machine『The Odyssey』

Beyonce 『Lemonade』

Justin Bieber 『PURPOSE: The Movement』

Chris Brown 『Royalty』

Troye Sivan 『Blue Neighbourhood Trilogy』

<最優秀新人アーティスト賞/BEST NEW ARTIST Presented by Taco Bell®>

Bryson Tiller

Desiigner

Zara Larsson

Lukas Guraham

DNCE

<最優秀アートディレクション賞/BEST ART DIRECTION>

Beyonce 「Hold Up」

Fergie 「M.I.L.F. $」

Drake 「Hotline Bling」

David Bowie 「★」

Adele 「Hello」

<最優秀振付賞/BEST CHOREOGRAPHY>

Beyonce 「Formation」

Missy Elliott feat. Pharrell. 「WTF (Where They From)」

Beyonce 「Sorry」

FKA Twigs 「M3LL155X」

Florence and the Machine 「Delilah」

<最優秀監督賞/BEST DIRECTION>

Beyonce 「Formation」

Coldplay 「Up&Up」

Adele 「Hello」

David Bowie 「Lazarus」

Tame Impala「The Less I Know The Better」

<最優秀撮影賞/BEST CINEMATOGRAPHY>

Beyonce 「Formation」

Adele 「Hello」

David Bowie「Lazarus」

Alesso「I Wanna Know」

Ariana Grande 「Into You」

<最優秀編集賞/BEST EDITING>

Beyonce 「Formation」

Adele 「Hello」

Fergie 「M.I.L.F. $」

David Bowie 「Lazarus」

Ariana Grande 「Into You」

<最優秀視覚効果賞/BEST VISUAL EFFECTS>

Coldplay 「Up&Up」

FKA Twigs 「M3LL155X」

Adele 「Send My Love (To Your New Lover)」

The Weeknd 「Can’t Feel My Face」

ZAYN 「PILLOWTALK」

RELATED

Beyonce & Jay-ZによるThe Cartersのアルバムが日本でもリリース | ルーヴル美術館で撮影された"APESHIT"のミュージックビデオも公開

2度目の夫婦ジョイントツアーをスタートさせたBeyonce & Jay-Z夫妻が、ユニットThe Cartersとしてジョイントアルバム『Everything Is Love』を先週リリース、日本でも本日から配信リリースとなった。

伝説のヒップホップ番組『Yo!MTV Raps』の30周年を記念して一夜限りのスペシャルイベントを開催

MTVでヒップホップブームの火付け役となった伝説的番組『Yo!MTV Raps』が帰ってくる。

Coachella 2018のラインナップが発表 | ヘッドライナーはThe Weeknd、Beyonce、Eminem

4月に開催されるアメリカのフェスCoachella 2018のラインナップが発表。近年のヒップホップ・R&B人気の影響か、ヘッドライナーは3日間ともヒップホップ・R&Bアクトとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。