UZが自身のレーベルからリリースするEP『Magellan』からタイトル曲が公開

現在のトラップシーン礎を作り上げたプロデューサーの1人で正体不明のUZ。今月には初来日を果たすUZだが、ついに自身のレーベルQuality Goods Recodrdsからの初EPとなる『Magellan』から表題曲が公開された。

UZらしいミニマルながらも存在感が際立つエッジがきいたドラムの鳴りにまず耳がいく、他の追随を許さないシンプルなトラップチューンに仕上がっていて、他の曲も早く聴いてみたいと思わせるさすがのクオリティーだ。EPにはコラボレーターとして新鋭ATLiens, BeazyTymesが参加するなどこちらのチョイスもうなずくしかない。Quality Goods Recodrdsからの1stEPとなる『Magellan』は5/20にリリースされる。

RELATED

Gucci Maneがトラップミュージックの発明者は自分だと主張する

今週4/13(金)には、MigosとLil Yachtyとのコラボアルバム『Glacier Boyz』をリリース予定のGucci Maneが、先週金曜日にInstagramにある投稿を行っている。

音楽フェスで「ピザとセックスをしないように」という謎の通知が出される

船上が舞台のアメリカの人気音楽フェスHoly Ship!は、明日から開催されるが、今年から新たなルールが加わったとして話題になっている。

リアム・ギャラガーがヒップホップやEDMを罵る | 「EDMは悪魔の音楽だ」

元オアシスのリードシンガーのリアム・ギャラガーといえば、口が悪いことでは右に出るものはいない人物として有名だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。