Mark Pritchard初の本名名義作の全曲視聴がスタート

90年代初頭からGlobal CommunicationやAfrica Hitechなどの様々なユニットでの活動を通じて、エレクトロニックシーンを縦横無尽に駆け抜けてきた才人、Mark Pritchard。そんな彼が初めて本名名義でリリースするアルバム『Under The Sun』の発売を今週末に控えBleepでアルバムの全曲視聴が開始された。

数々のレジェンダリーなロックアーティストとしての仕事で著名なエンジニアのPhil Brownに「影響を受けたという今作は1960~70年代の「タイムレスなプロダクションやミキシング」をテーマにこれまでにない奥行きのあるサウンドスケープを実現。メランコリックな”Sad Alron”からBeansをゲストに迎えたディープなダブチューン”The Blinds Cage”まで彼が体験してきたエレクトロニックミュージックの歴史が落とし込まれた幅の広さになっている。また先行公開されすでに話題となっているThom Yorkeが参加した”BeautifulPeople”も、もちろん収録している。アルバム『Undeer The Sun』は5/13にリリースされる。全曲視聴はこちらから。

related

Thom YorkeがBillie Eilishに「ここ最近で本当に面白いことをしてるのは君だけだ」と言ったことが明らかに

1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』のリリース以降、押しも押されぬスターとなったBillie Eilish。今回なんと、言わずと知れたRadioheadのフロントマンでありソロアルバム『ANIMA』も話題となったThom Yorkeが彼女のファンであることが明らかになった。

Warpの30周年を記念したPOP UPが開催 | 大竹伸朗デザインのTシャツやAphex Twin、Flying Lotusなどのアーティストグッズも販売

革新的なエレクトロニックミュージックをはじめとして、音楽史に多大な功績を刻み続けてきたUKのレーベルWarpが今年30周年を迎えた。

Thom YorkeがFlying Lotusの影響でRadioheadの制作プロセスが変わったと語る

ニューアルバム『FLAMAGRA』をリリース間近のFlying Lotus。ビートメイカーなどに大きな影響を与えてきたFlying Lotusだが、意外な人物が彼の影響を受けていると語った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。