Thom YorkeがFlying Lotusの影響でRadioheadの制作プロセスが変わったと語る

ニューアルバム『FLAMAGRA』をリリース間近のFlying Lotus。ビートメイカーなどに大きな影響を与えてきたFlying Lotusだが、意外な人物が彼の影響を受けていると語った。

RadioheadのThom YorkeがCrack Magazineのインタビューで語ったところによれば、2010年にRadioheadの前座としてライブを行ったFlying Lotusに感銘を受けた事を思い出し、その時に得た作曲プロセスを自身のソロアルバムにトレースした事を明かした。

「私達は彼(Flying Lotus)がライブセットの演奏の中で行うループに着目しました。彼が即興で演奏する事に興味を抱き、これこそがライブ演奏なのだと考えるようになりました。そこで突然、私達は新しい作曲の方法を思いついたんです。私はNigel Godrich(Radioheadのプロデューサー)に未完成で粗いトラックを送りました。Nigel Godrichはその中の断片を拾い上げ、それらを使って組み立てたものを送り返してきました。これが新しい作曲プロセスの始まりです。」とFlying Lotusが即興で演奏する姿に影響を受けて、新しい作曲プロセスを会得した事を話した。

2011年にリリースした『The King Of Limbs』ではこの作曲プロセスが存分に発揮されており、2012年のRolling Stoneによるインタビューでは「ターンテーブルとサンプラーの前に座って」制作が行われたとThom Yorkeは話している。柔軟に影響されたものを取り入れるThom YorkeとFlying Lotusはどちらも最新作のリリースを控えている。両者の作品はまたどんな変容を遂げているのだろうか。

RELATED

Flying Lotusの単独来日公演が9月に開催 | ソニックマニアで度肝を抜いた3Dライヴを披露

大作アルバム『FLAMAGRA』が話題となっているFlying Lotusの来日公演が9/26(木)に東京・新木場 STUDIO COASTで開催される。

Flying Lotusが現代の若手ラッパーのキャリアについて語る

先日、約5年ぶりのニューアルバム『Flamagra』をリリースしたFlying Lotus。各所から高い評価を得ている同作だが、今回そんな彼がVultureのインタビューに登場。『Flamagra』についてはもちろん、現在の若手ラッパーについて語っている。

【クロスレビュー】Flying Lotus 『FLAMAGRA』|映像、そして音の変遷から読み解く待望の最新作

初の映画監督作品『Kuso』など音楽以外の活動も精力的に行ってきたFlying Lotusが、本日ニューアルバム『FLAMAGRA』をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。