6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている

5月9日、マンハッタンのサーグッド・マーシャル裁判所に姿を現したFuguan Lovick。彼は2018年の4月にバークレイズ・センター周辺で発砲した事で逮捕されていたが、現場で火器を所持・使用した事を認め、判決が大幅に減刑されることが予想されている。

6ix9ineの共同被告人であるJamel "Mel Murda" Jones、Kifano "Shotti" Jordan、Jensel "Ish" Butler、Faheem "Crippy" Walter、Aaron "Bat" Youngに続きFuguan Lovickが罪を認めた事で、6ix9ineを含めた計7人が罪を認めた事となる。これらは6ix9ineの復帰に大きく貢献するとみられており、TMZによると6ix9ineの弁護士は、共同被告人11人全員が罪を認める事で9月4日から予定されている裁判に出席する必要がなくなる、と話している。

依然として罪を認めていないのはKintea "Kooda" McKenzie、 Anthony Ellison (aka, Harv)、 Denard Butler 、Roland Martinの4人となった。

終身刑の可能性も示唆されていた逮捕当初からすると、かなりの減刑が見込まれている6ix9ineだが果たしてアーティストとしての活動を復帰するところまで漕ぎ着けられるのだろうか。

RELATED

Meek Millが子供たちに「インターネットギャングスタになるのはやめろ」とメッセージを送る

複数の罪で収監され、現在は元ギャング仲間の裁判で証言すべく法廷に立たされている6ix9ine。そんな彼に対してはヒップホップシーン全体から多くの批判の声が上がっているが、そのような現状を見てMeek Millが若い世代にメッセージを送っている。

Trippie Reddがかつてギャングに所属していたと6ix9ineが証言

先日報じられた通り、同じギャングのメンバー二人の裁判で証言を行なった6ix9ine。彼がそこで、以前ビーフを行なっていたTrippie Reddについて発言し話題を呼んでいる。

6ix9ineが元ギャング仲間の裁判で証言を行う可能性が浮上

複数の強盗、殺人、薬物所持、銃器所持の罪によって未だに裁判の渦中に置かれている6ix9ine。先日は彼の元マネージャーShottiが15年の服役を命じられたことが明らかになったが、今回さらに6ix9ineの元ギャング仲間たちの裁判で彼が証言を行う可能性が浮上している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。