Warpの30周年を記念したPOP UPが開催 | 大竹伸朗デザインのTシャツやAphex Twin、Flying Lotusなどのアーティストグッズも販売

革新的なエレクトロニックミュージックをはじめとして、音楽史に多大な功績を刻み続けてきたUKのレーベルWarpが今年30周年を迎えた。Aphex TwinやAutechre、Squarepusherなどをはじめ、Flying LotusやKelelaなども所属するビッグレーベルのPOP UPが6/8と6/9に東京・原宿で開催される。

今回は目玉アイテムとして現代美術家の大竹伸朗によるデザインTシャツが販売される。

さらに昨年発売され話題となっていたAphex Twinのオフィシャルグッズの再販(2日目のみ)や、Flying Lotusの最新作『Flamagra』グッズなど最新アーティスト・グッズやレアな輸入グッズも登場する。

両日とも整理券優先での入場となり、本日よりBeatink.comで整理券の抽選受付がスタートする。

Info

WxAxRxP POP-UP STORE
開催日程:6/8 (土) 〜 6/9 (日)
6/8 (土) 11:00〜20:00
6/9 (日) 11:00〜18:00

場所:JOINT HARAJUKU 2nd.(東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 104)

詳細・お問い合わせ:www.beatink.com

【入場整理券の応募方法および入場に関するご案内】
・6/8 (土) 用、6/9 (日) 用、それぞれ抽選で入場整理券を発行いたします。
・抽選受付ページ:hyperurl.co/wxaxrxp_popup
・応募期間:5/17 (金)〜5/27 (月)
・携帯電話等の受信設定でドメイン指定受信を設定している方は、「@zaiko.io」からのメールを事前に受信できるように設定してください。
・ご応募は各日お1人様1回までとさせていただきます。
・先着ではございません。
・当選者へのご案内は、5/29(水)を予定しておりますが、多少前後する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
・ご当選された方にのみ当選のメールをお送りいたします。
・抽選結果のお問い合わせにはお答えできません。
・応募フォーム内の入力必要事項に不備がある場合、ご登録のメールアドレスに不備がある場合は、応募が無効になります。
・応募フォーム内容を送信後に自動で受付メールが届きます。このメールが受信できない場合は応募ができていません。
・整理券をお持ちでない方の入場は、整理券をお持ちの方の入場が終了し次第となります(整理券の配布数に関しましては、開催までに弊社WEBサイトにてご案内いたします)。
・開店15分前になりましたらスタッフの案内に従って整理券番号順に列形成を開始してください。それ以前のご来店・整列はご遠慮ください。
・当日入口にて随時、入場中の整理券番号のご案内をいたします。

related

Aphex TwinがPolygon Window名義で初めてWARPからリリースしたアルバム『Surfing On Sine Waves』が完全版としてリイシュー決定

Aphex TwinことRichard D. JamesがAlbumが別名義のPolygon Windowとして1993年にリリースしたアルバム『Surfing On Sine Waves』が、完全版としてリイシューされることになった。

Flying Lotusの最新作の収録曲"Black Balloons Reprise"のインストにオリジナルのラップを乗せるチャレンジ企画がスタート

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』のリリースから1周年を記念して『Flamagra (Instrumentals)』が、先日リリースされた。

Thundercatの3年ぶりの最新作『It Is What It Is』 がリリース決定 | Flying Lotusとの共同プロデュースでChildish GambinoやTy Dolla $ignなども参加

2017年にリリースしたアルバム『Drunk』が高い評価を得たThundercatが、3年ぶりとなるアルバム『It Is What It Is』をリリースすると発表した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。