Dizzee Rascalがニューヨークにてデビュー・アルバムの全曲通しライブを敢行

現在ニューヨークで一ヶ月に渡って開催されているRed Bull Music Academyの4周年記念のイベントにて、グライムラッパーのDizzee Rascalが自身のデビュー・アルバムを曲順通りに、最初から最後まで全曲を通し披露した。

『Boy in Da Corner』は2003年に発売されたDizzee Rascalのデビュー・アルバム。このアルバムは、2003年にイギリスとアイルランドの最優秀アルバムに贈られるマーキュリー賞を受賞した、グライムの金字塔的アルバムだ。アメリカにグライム旋風が巻き起こる中、Red Bull Music AcademyはDizzee Rascalとそのアルバムをニューヨークに招聘した。

ベント会場には『Boy in Da Corner』のアルバム・ジャケットのような写真を撮影できるセットが用意されたり、ElijahとSkilliamがRBMA Radioに出演してグライムをレペゼンするなど、Dizzeeを称える一日になった。しかしFACTが伝えるところによると、観客の半分はRed Bullのゲストで、そこまでアルバムとそのパフォーマンスに興味を示していなかったというそうだ。USはまだまだSkeptaの『Konnichiwa』を聞きながらグライムを勉強している途中であると見るか、あまりグライムのクラシックには興味がないだけなのか、はたまたグライムがまたしても上陸に失敗してしまうのか、グライムは正念場を迎えていると言えるだろう。

RELATED

日常的にライブに行くと長生きできるという論文が発表

日常的にライブなど音楽イベントに行くことで寿命を延ばすことができるという内容の論文が発表された。

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。