speedy lee genesisによるパーティー『Neoplasia』がHirakish、Minchanbaby、1-DRINKなどが出演し開催

speedy lee genesisが主催するパーティー『Neoplasia』の第二弾が、5/18(土)に東京・渋谷のWWWβで開催される。エモーショナルのその先にあるブルースのレクイエムをテーマに開催される今回は、Yves Tumorとのジョイント・ツアーでも話題のLAのミステリアス・ロックンローラーHirakishを迎える。

MinchanbabyのEP『都会にまつわるエトセトラ』から"どこに居ても"のミュージックビデオ

Minchanbabyが昨年11月にMitch MitchelsonとのコラボレーションでリリースしたEP『都会にまつわるエトセトラ』から、タイトル曲に続き"どこに居ても"のミュージックビデオが公開となった。

MinchanbabyのEP『都会にまつわるエトセトラ』からSHACHIをフィーチャーしたタイトル曲のミュージックビデオ

MinchanbabyがリリースしたEP『都会にまつわるエトセトラ』から、SHACHIをフィーチャーしたタイトル曲のミュージックビデオが公開となった。

1 of 2018 Selected by Minchanbaby

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

Minchanbabyが深淵に沈む感情を歌うEP『都会にまつわるエトセトラ』がリリース | 全曲Mitch MitchelsonがプロデュースでSHACHIが参加

8月にEP『ひとりのテロリズム』をリリースしたばかりのMinchanbabyが、最新EP『都会にまつわるエトセトラ』を金曜日にリリースした。

Minchanbabyの新曲"走りの中で"が公開

昨年リリースのアルバム『たぶん絶対』以降も精力的に新曲を発表し続けているMinchanbabyが、新曲"走りの中で"をYouTubeで公開した。

Minchanbabyが新曲"L'Arc"と"バイバイ"の2曲を公開

昨年3rdアルバム『たぶん絶対』をリリースしたMinchanbabyが、YouTubeに"L'Arc"と"バイバイ"の2曲の新曲を公開した。

soakubeatsのセカンドアルバム『Crude』が8月にリリース決定 | Dekishi、Onnen、Minchanbaby、Jin Dogg、dodo、入江陽、徳利などが参加

自身のレーベル粗悪興業を主宰し、2012年にデビューアルバム『Never Pay 4 Music』をリリースしたsoakubeats。その後DekishiやOnnen、Minchanbabyなどの作品を手がけつつ、6年ぶりとなる2ndアルバム『Crude』を8/22(水)にリリースすることが決定した。

【インタビュー】Minchanbaby 『たぶん絶対』pt.2 | 「ヒップホップ・カルチャー」から遠く離れて

ラッパーのMinchanbabyが、昨年9月に粗悪ビーツ全曲プロデュースによるサード・アルバム『たぶん絶対』をリリース。セカンド『ミンちゃん』から実に5年ぶりとなる本作は、前作のようなカラフルでポップなムードは消し去られ、ミニマルなトラップを基調としたビートに、Minchanbabyの相変わらずスキ...

Minchanbabyが新曲"これが本当の"をYoutubeで公開

昨年はアルバム『たぶん絶対』をリリースしたラッパーのMinchanbabyがYoutubeに新曲"これが本当の"を公開した。

2017 Best Or Worst by Minchanbaby

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

【インタビュー】Minchanbaby 『たぶん絶対』pt.1 | 「ヒップホップ・カルチャー」から遠く離れて

ラッパーのMinchanbabyが、9月、粗悪ビーツ全曲プロデュースによるサード・アルバム『たぶん絶対』をリリース。セカンド『ミンちゃん』から実に5年ぶりとなる本作は、前作のようなカラフルでポップなムードは消し去られ、ミニマルなトラップを基調としたビートに、Minchanbabyの相変わらずスキルフルだが、一転、鬱々としたラップが乗る怪作となっていた。3年半をかけて制作されたという本作は驚くべきことに、今年のUSのラップシーンの大きなトピックだった自殺願望とも同期、もしくは先取りをしているのだ。

韓国の奇才Yoonkee Kimがニューアルバムのリリースを記念し大阪・東京で来日公演を開催

韓国のソウルを拠点に活動する奇才、Yoonkee Kimがニューアルバム『Entertainment Rambo』を11/15にリリースする。今回のリリースにあわせ、大阪・東京での来日公演も決定した。 1980年に韓国で生まれたYoonkee Kimは、2004年のイギリス滞在時に制作された宅...

Minchanbabyのアルバム『たぶん絶対』から鷹の目が監督した"NISHIVI"のミュージックビデオ

粗悪ビーツが全曲をプロデュースしたMinchanbabyのアルバム『たぶん絶対』から、アルバムのラストを飾る"NISHIVI"のミュージックビデオが公開された。

Minchanbabyの粗悪ビーツが全曲プロデュースしたアルバム『たぶん絶対』がリリース

Minchanbaby fka MINTの粗悪ビーツが全曲のプロデュースを行ったニューアルバム『たぶん絶対』がリリースされた。 同作はすでに音源が公開されている"肉喰え肉"や"エンジのアプリオ"など全10曲を収録で、ゲストとしてCherry Brown、Jinmenusagi、Juicy JJ...
もっと見る